このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第54回

PCメーカー「レノボ」はなぜ中国スマホ事業でも成功できたのか

2017年09月03日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 旧IBMのPC部門を買収し、ThinkPadブランドのノートPCも手掛けるレノボ。スマートフォンでは2014年にモトローラを買収し、PC同様2つのブランドで製品を展開しています。

 中国国内では地元メーカートップの座に長らく君臨していたレノボのスマートフォンの歴史を振り返ってみます。

Windows Mobileから市場参入するも、フィーチャーフォン中心の黎明期

 中国最大のPCメーカーであり、携帯電話やスマートフォンも多くの製品を排出しているレノボ。日本でまだ同社の名前があまり知られる前、2002年頃から中国国内向けに携帯電話を投入していました。

 当時の英語のブランド名はレジェンド(Legend)でしたが、海外展開を本格化させる2003年からレノボ(Lenovo)に変更しています。なお中国語の名称は「聯想」でいまも変わっていません。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!