このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第57回

AVメーカー生まれのVivo(ビボ)が新興国で大ヒットを遂げるまで

2017年09月24日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 世界市場で急激に存在感を高めている中国のVivo(ビボ)。音楽機能やカメラを強化した製品は新興国でも絶大な人気を集めており、その品質や性能は先進国でも十分通用するレベルにまで高まっています。Vivoの誕生からいまの成功までの道のりを追いかけてみましょう。

生まれは老舗のAVメーカー
音楽スマホで市場参入後に世界最薄機を投入

 Vivo(維沃移動通信)は2009年に創業した若いメーカーです。しかし、その前身は1995年創業のAV家電メーカーのBBK(歩歩高電子)の携帯電話部門でした。BBKはゲーム互換機から事業を開始し、その後はビデオCDやDVDプレーヤーなど、AV家電を中国内外に販売。輸出も手掛ける大メーカーに成長します。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!