このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第5回

ついに自作PC「大紅蓮丸」への累計投資額が274万円を突破!

1ヵ月で114万円使って44コア/88スレッド、128GBメモリーのマシンを作った話

2016年07月26日 16時30分更新

文● ジサトライッペイ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Xeon E5-2699 v4×2個で44コア/88スレッド。グラフ表示がなくなったのは寂しいのですが、これはこれでオツなもの。加えて、メモリーは128GB。4GB使っても使用率は3%

大紅蓮丸を超強化!夢の44コア/88スレッドへ

 どもどもジサトライッペイです。ついにやったりましたー! 6月18日に放送したニコ生でXeon E5-2699 v4を2個、無事購入できました。マザーボードもいっしょに買ったのですが、合計価格はなんと104万1788円。そしてさらに後日調子に乗って、DDR4-2133メモリー16GBを8枚(合計128GB)買い、さらに10万5600円かかり、6月だけで114万3788円も散財。僕1ヵ月でこんなにお金を使ったのは生まれて初めてで、未だその行為が僕の人生において、どれだけの影響を与えるか、よくわかっておりません。しかし、7月末には確実にクレジットカードの請求が来るわけで。おそらくそこで初めて、実感するのでしょう。「なんてもんを買ってしまったんだオレは……」と。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトライッペイ
 ジサトラのアルバイトリーダー。2ソケットXeon搭載PC「大紅蓮丸」と共に人生を歩んでいます。

Xeon E5-2697 v2×2個&メモリー64GB時代は3000cb弱でしたが、一気に5000cbの大台に乗りました。Broadwell-EPの最上位、Core i7-6950Xでも1800cb程度なので超満足です

 しかしながら、コア数が多いためかグラフではなく%表示のみになったタスクマネージャーは圧巻。CINEBENCH R15のマルチスレッドスコアーは5200cb超と、満足度は非常に高く、あらためて「買って良かったな」と思った次第であります。しかし、コア数が多くなればなるほど、フルスレッドで動くソフトがないという悲しい現実にぶつかり、頼みの綱だった仮想通貨のCPUマイニングもソロマイニングとプールマイニングを同時にかけないとフルスレッドで働いてくれませんでした。ちなみに、グラボは従来通り、GTX980のSLIなんですが、CPUマイニングとGPUマイニングをフルで動かしたときの消費電力は770Wと、前のシステムから110W増し。20コア増えてこれは優秀ですな。

新マザーボード『Z10PE-D8 WS』(7万4800円)に鎮座するXeon E5-2699 v4達(2個で96万6988円)。おそらくWindows 10で動くPCの中では世界最高峰のレベルになりました
メモリーはCrucialの16GB×4枚を2セットで合計128GBを確保。お値段は10万5600円也

ついに累計投資額が272万円を超えた「大紅蓮丸」

 というわけで、1ヵ月ですさまじい性能アップを実現した僕のマイプレシャスPC“大紅蓮丸”ですが、もちろんほかのパーツは流用してます。こちらは前回の記事をご参考(http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/183/1183050/)に。ちなみに、これまでに160万円ほど使ってますので、今回の投資で累計投資額は274万以上になりました。

 まあ、これは予備パーツも含めてですので、現在大紅蓮丸に入っているPCパーツだけで言えば、157万円ぐらいです。いやー、これには自分でもドン引きですが、車が趣味だったらこんな額じゃきかないので、そう思えば自作PCって世界最高峰のスペックでもこの程度なので、非常に安上りな趣味だと言えます。よね?

 せっかくなので、CPUとは直接関係ないのですがPCMark8や3DMarkも新たに取ってみたので、みなさんどうぞ自分のシステムと比べてみてください。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!