このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今月のピックアップコスプレイヤー ― 第6回

衣装の完成度が高すぎるコスプレイヤーをしっかり撮影

2018年03月31日 15時00分更新

文● pepe 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 担当の編集さんと話していたときに、撮影したコスプレイヤーさんの写真を掲載するだけではもったいないよね? と言う話の流れになり、せっかくなので撮影しながらいろいろ聞いてみちゃおう、というのがこの企画の趣旨です。

 さて、ファインダーを覗いて撮影する際に、みなさんは片目を閉じますか? それとも両目を開けていますか?

 私は、例えばスタジオなどの限られた空間で被写体と対峙しているときは片目を閉じます。その方が視界が交差することなくレンズの軸状に被写体を捉えることができ、よりイメージに近い撮影をすることができるからです。

 逆に両目を開けて撮影するのはイベント会場や街中、屋外などの開けた空間での撮影です。理由は単純で片目をつぶってしまうと周りが見えなくなり危険だからです。

 撮影に集中すると被写体や構図に夢中になってしまい周りが見えなくなりがちなので、周りに人がいたり、足元が安定しない場所などでは両目を開けて撮影することをお勧めします。それでは今月のピックアップコスプレイヤーどうぞ!

こぜこさん (@lovbroccoli)
ネオン=ノストラード(HUNTER×HUNTER)

―――今回ご紹介させてもらうのは、HUNTER×HUNTERで「ネオン=ノストラード」のコスプレをする「こぜこ」さんです。よろしくお願いします!

【こぜこ】 はい、よろしくお願いします。ずっとコスプレしたっかた衣装なんです! 。

―――まずはじめにコスプレをはじめたのはいつごろですか? きっかけも教えてください。

【こぜこ】 高校生の時に裁縫が得意なお友達がローゼンメイデンの衣装を作っていて、私も一緒に作ってみたいと思い、コスプレをするというより、素敵な衣装を作ってみたいというのがきっかけでした。結局その衣装を作ることができませんでしたけど(苦笑)

―――え、その衣装は完成しなかったのですか?

【こぜこ】 初めてチャレンジした裁縫だったので、その時の私には難しすぎました。それからは状況に合わせて既製品を購入して手直ししたり、全部自分で作ったりするようになりました。

―――どれくらいの頻度でコスプレしていますか?

【こぜこ】 私はアルバイトが禁止されている学校に通っていたので、コスプレを始めた当時はお金がなくて苦労しました。当時は月に1回程度だったと思います。最近は月に2回くらいで、ときどきイベントに参加しています。

―――アルバイト禁止だと大変そう。コスプレって想像以上にお金かかりますよね?

【こぜこ】 当時、非耐熱ウィッグがとても高くて、最近売られている耐熱ウィッグと同じくらいの価格でした。少しでも安くさせようと思い非耐熱ウィッグを買っていたのですが、もちろんコテとかはあてることができないので、カラーを巻いてお湯につけたりして髪型を作っていました。

―――その光景想像したらちょっと笑ってしまいますね。

【こぜこ】 はい、懐かしいです。私は家族にコスプレをオープンにしていたのもあるんですけど、父がカメラ好きだったので小さい頃からカメラを触らせてもらったり、母も造形が得意だったのでいろいろ教えてもらいました。お金はなかったけど恵まれた環境でした。

―――普段使っている化粧品で、お勧めはありますか?

【こぜこ】 コスプレをするときは大半をアイメイクに頼って普段と印象を変えているので、ベースは共通のものなのですが、化粧下地で「CEZANNE Make Keep Base」、ファンデーションクリームとして「エテュセ BBミネラルホワイト」を使っています。ウィッグや衣装の組み合わせでも変わりますけど、肌が白いキャラクターのコスプレをすることが多いので、この組み合わせにおしろいを重ねることで肌を白くしています。それと、私自身ファンデーションを塗るのが苦手なので、クリームタイプはムラなく簡単に塗れて便利ですよ。

―――今回「ネオン=ノストラード」のコスプレを選んだ理由を教えてください。

【こぜこ】 実は小学生時代に両親の仕事の関係でアメリカに留学したことがあり、そこでハロウィンを経験したので、小さい頃から「コスプレ」に対する認識がありました。元気でワガママ、でも優しい一面もある「ネオン=ノストラード」に出会った瞬間から、コスプレしたい! と思っていたのですが、いろいろとタイミングが合わなかったりして、今までコスプレできていなかったのですが今日10年越しのコスプレをすることができました。そして今日(撮影日3月3日)はHUNTER×HUNTERの連載開始から20周年の記念すべき日、やった~!

―――今までにコスプレした作品とキャラを教えてください。

【こぜこ】 可愛い女の子、特にプリパラはキャラビジュアルがお気に入りで「真中らぁら」、「南みれぃ」、「北条そふぃ」や、ハートキャッチプリキュア!は「キュアマリン」をやったことがあります。「キュアマリン」は花びら型のスカートを自分で作ったのですが2週間くらいかかって修行みたいな(笑) 最近だと僕のヒーローアカデミアの「麗日お茶子」、昔だとサクラ大戦シリーズの「リカリッタ・アリエス」もやったことがあります。

―――コスプレをしていてよかったことはありますか?

【こぜこ】 その作品の名前で呼ばれるのがうれしいですよね。作品とキャラクターが好きでコスプレをしているので、「あ、この人も知ってるんだ、うれしい!」ってなって、そこから共通の趣味や話題で盛り上がれるお友達がたくさんできることかな。

―――こぜこさんにとって「コスプレ」とは?

【こぜこ】 いつもの自分ではなく、その作品のキャラクターになりきれる瞬間です。普段あまり派手な格好をしないので、かっこいい衣装、可愛い衣装に身をまとって、自分の好きなキャラクターに変身できるのはとっても楽しいし、素敵なことだと思います。

―――ありがとうございました。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ