このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

今月のピックアップコスプレイヤー ― 第8回

初夏のお花畑でコスプレイヤーを撮影

2018年06月30日 15時00分更新

文● pepe 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 担当編集と話していたときに、撮影したコスプレイヤーさんの写真を掲載するだけではもったいないよね? という話の流れになり、せっかくなので撮影しながらいろいろ話を聞いてみちゃおう、というのがこの企画の趣旨です。

 季節は梅雨。アジサイや傘を使ったり、意図的に水滴を取り入れるなど、撮影したいシーンやイメージはあるけれど、なかなか時間が作れず日々悶々としています。この時期気になるのが、そう湿気によるボディーやレンズのカビ対策です。

 カビが生えてしまうと白く濁ったような写真になってしまうので、そうならないように気をつけたいですよね。お手軽なのは簡易的なドライボックス。少し大きめのタッパーに乾燥剤を入れておくだけで梅雨時期の湿気から守れます。

 機材が増えてきたらお値段は高くなりますが防湿庫がおススメです。カビの除去をメーカーの有償サービスでお願いすると場合によっては数万円のメンテナンス費がかかります、それを考えたらボディーやレンズに比べ安い防湿庫は、大切な機材をより長く使うためにも検討したいですよね。それでは今月のピックアップコスプレイヤーどうぞ!

ちぃ太さん (@tiita132155)
古明地こいし(東方Project)

―――今回ご紹介させてもらうのは、 東方Projectで「古明地こいし」のコスプレをする「ちぃ太」さんです。よろしくお願いします。

【ちぃ太】 よろしくお願いします!

―――まず初めにコスプレを始めたのはいつごろですか? きっかけも教えてください。

【ちぃ太】 高校生の頃に東方Projectが好きなお友達がいて、原宿にコスプレショップができたから一緒に行こうと誘われたのがきっかけでした。私は当時そんなに興味はなかったのですが、見ているだけでも楽しいよ、と……。

―――俗にいう布教というやつですね?

【ちぃ太】 けっきょく私も衣装を買ってしまったのですが、やっぱりあったら着てみたくなるし、着たら表に出たくなるじゃないですか。「東方Project」はとても旬なジャンルだったこともあって、トントン拍子でイベントに参加するまでになってました。今思えばそうですね、布教されてました。

―――当時はどれくらいの頻度でコスプレをしていましたか? 今と比べてどうでしょうか?

【ちぃ太】 自由に使えるお金はそんなに持っていなかったので、年に1回くらいイベントに行く程度でした。そもそもコスプレって毎週? やるものだという認識もなかったです。びっくりしたのが、私を誘ったお友達が当時「晴海」でやっていたコスプレイベントを最後に引退してしまったことです。

―――コスプレに誘ったお友達本人が先に辞めてしまったのですか?

【ちぃ太】 辞めてしまったというか、他に優先したい趣味もあったようです。最初乗り気ではなかった私の方が逆にコスプレにのめり込んでしまったんですよね……(笑)。 その後何度かイベントに参加するうちにお友達が増えて、今では月に5~6回くらいはコスプレしてます。

―――女装と男装、どちらのコスプレをすることが多いですか?

【ちぃ太】 8割くらいが女装です。可愛い幼女キャラが好きなのと、私自身が身長148cmなので、体型的にもそっちのほうが相性が良いのです。

―――コスプレはイベントの参加、またはスタジオ撮影など割合はどうですか?

【ちぃ太】 圧倒的にロケ撮影が多いです。今も一番ハマっている、この「東方Project」がロケ撮影に適していることもありますし、私自身風景や自然が大好きなので。遠出の撮影だと観光気分にもなるし楽しみがいっぱいですよね。

―――衣装は既製品を購入しますか? それともご自身で作られますか?

【ちぃ太】 自分で作ってしまうことが多いです。質感や色合いなどイメージ通りの衣装作りをしたいですし、自分なりの作品に対する解釈でアレンジや微調整もできるので、そういうところが私は好きです。

―――今回「古明地こいし」のコスプレを選んだ理由を教えてください。

【ちぃ太】 「古明地こいし」を選んだ理由は、もちろん一番好きなキャラクターで、今まで何回もコスプレしている大切な存在です。今回のロケ地は「古明地こいし」ちゃんで撮影したことがなかったのと、季節的にもタイミングが良かったので。

―――今までしたコスプレや、お気に入りのキャラクターなどは何ですか?

【ちぃ太】 アイドルマスターシンデレラガールズで「双葉杏」や「白坂小梅」、Fate/Grand Orderでは「ジャック・ザ・リッパー」、女主人公の「ぐだ子」とか。物語シリーズの「忍野忍」はかなり昔からやっていました。東方Projectは「フランドール・スカーレット」や「伊吹萃香」もやっています。

―――コスプレメイクで使っているオススメのコスメはありますか?

【ちぃ太】 私のおススメは、液状のり「アラビックヤマト」です(真顔

―――え、あらびっく……え?!?

【ちぃ太】 そうです。文房具の「アラビックヤマト」です。ウィッグを頬に張り付けることで小顔になりますし、顔を上に向けたり、寝転んでもウィッグが動かないので、常に最高の表情を作り出すことができます。

―――コスプレをする時に心がけていることはありますか?

【ちぃ太】 家を出るときに忘れ物がないか脳内チェックします(苦笑)。 ウィッグを忘れるという失敗を過去2回もしており、それからチェックするように徹底しています。その日の撮影を楽しむためにとても重要なのです。

―――コスプレをしていてよかったことはありますか?

【ちぃ太】 一番は共通の趣味のお友達がたくさんできたことだと思います。衣装も作れるようになり、撮影してもらった写真を自分で編集したくてパソコンも覚えたり、自分自身の学習意欲を高めることにつながりました。もともとインドア派でしたが、ロケ撮影をするようになってから知らない場所にも行くことができ、生活そのものがとてもアクティブになったなって思います。

―――「ちぃ太」さんにとっての「コスプレ」とはなんですか?

【ちぃ太】 生き方そのものを変えてくれた最高の趣味です。インドア趣味とアウトドア趣味の両方を楽しめるようになりましたし、将来的に私自身がコスプレを辞めても、今まで学んだ裁縫や写真の編集知識は糧となって可能性を広げてくれますよね。まだまだコスプレを辞める気はありませんけど!

―――ありがとうございました。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社