このページの本文へ

【独占】LINEがASCIIに金渡す

2016年12月09日 10時00分更新

文● 西牧/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 うおおおおっ! LINEから突然賞をもらいました! しかも大賞! 金ももらいましたすげーーーーうれしい。

もらいましたーーー※でっかいブラウンはナベコさんのお友達であり、今回もらったわけではありません
トロフィー!
24金の小判!

 取り乱しました。最初から説明します。2015年12月にLINEがアプリ内でニュース記事を配信する「LINE アカウントメディア プラットフォーム」をスタート。サービス開始時からASCIIもニュース記事を配信しており、「まあまあ」な好評を得ております。

 そして1年経った2016年12月5日、LINEが1周年記念イベントを開催。LINE アカウントメディア プラットフォームに記事を配信しているメディアを呼んで、食事を楽しみながらアワードやトークセッションする会でした。

 アワードは8ジャンルに分けてLINE独自の計算で順位付けし、各部門の1位を勝手に表彰するというもの。ジャンルの中には「総合ニュース部門」や「エンタメ部門」「ビジネス部門」といったものから「女性部門」「カルチャー・専門部門」などもありました。

 トークセッションにはハフィントンポスト日本版の編集長 竹下隆一郎さんやLINEの田端信太郎さんが登壇。アカウントメディアの現状や未来についてのお話がありました

 もちろん記念イベントに招待されたので出席したところ受付で、

 「実はASCIIさんも表彰されるんです」

 えっ、本当ですか? 「かっこいい!」とか「これ安すぎ!」とか「90cm巨乳 旅館娘がエロい」なんて記事を配信してますけどいいんですか?

365日記事を配信しておりますのでこうした記事にご興味ある方はぜひLINEからご登録ください

 「一言コメントをいただきたいので用意しておいてください」

 これはマジだ……。わかりました、ならば喜んで受賞いたします。ところで何賞もらえるんですか?

 「では後ほどよろしくお願いします」

 なんと教えてもらえず。これで「下品で賞」とかだったらどうするんでしょ……。ドキドキしながら受賞の瞬間です。

た、大賞だ……
ビジネス……部門だと……?

 なんとビジネス部門の大賞です。

 ダイヤモンド・オンラインや現代ビジネスといったビジネス誌のど真ん中にいる方々を抑えてトップに立ってしまいました。畏れ多い。いやでもうれしいです!

 ほかの部門では総合ニュースで朝日新聞デジタル、エンタメ部門でNEWSポストセブン、カルチャー・専門部門で枚方つーしんなどが受賞されておりました。

 というわけでトロフィーと金の小判をいただきました。最後にこの金の小判のスペックはどうなっているんだと編集部で話題になったので、調べてみましょう。

 まず小判のLINEという表記の上に小さく印字があり、よーく目をこらすと日の丸マークに<999>と書いてあります。造幣局のサイトによると日の丸マークは「日本の造幣局の証明」であることを示し、<999>は品位(純度)であり、金の品位が99.9%という意味だそうです。

とても小さく刷ってありますね

 また999は造幣局金製品の品位証明区分でカラット表示すると24K。つまり24金です。すごい!

 ご参考までに24金の買い取り価格は1g4522円(七福神さん価格)。そしてこの小判の質量は……。

 LINEさん、ありがとうございます!

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART