このページの本文へ

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺第61回

すべては古いスマホ側の設定で決まる!

機種変更時のLINE引き継ぎ、どうする?

2016年12月20日 10時15分更新

文● 高橋暁子 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LINEを始めたいけど、今さら人には聞けないよ……」というアナタ!
SNSの最新情報と若者動向を追い続けるITジャーナリスト 高橋暁子さんが、LINEの上手な使い方を基礎からやさしく伝授します。〈連載目次

Q:機種変更時、LINEを引き継ぐ方法は?
A:引き継ぎ前の設定がポイントです!

 iPhone 7、iPhone 7 Plusの在庫もこなれてきた。機種変更を狙っている人も多いはず。どのようにすれば失敗せず引き継ぎできるのか、あらためてポイントをおさえておこう。なお、本稿はiPhone→iPhoneの機種変更を例に紹介する。

 いきなり機種変更してLINEアプリを起動してしまうと、引き継ぎ失敗になってしまう。LINEの友だちがすべて消え、トーク履歴も消失してしまい慌てる羽目に。そうならないためには、機種変更前の設定が大切だ。

 まず、「その他」→「設定」→「メールアドレス登録」、または「Facebook連携」をしておこう。「Facebook連携」は「連携」をタップすればよい。メールアドレスを登録する場合は、「メールアドレス登録」をタップし、登録したいメールアドレスと、任意の英数字で6文字以上のパスワードを入力し、「確認」をタップ。4桁の暗証番号が確認メールで届くので、暗証番号を入力して「登録する」タップで設定完了だ。

 このとき、トークのバックアップ設定もしておこう。「その他」→「設定」→「トーク・通話」→「トークのバックアップ」をタップ。トークのバックアップ画面となるので、「今すぐバックアップ」をタップする。

 続いて、「その他」→「設定」→「アカウント引き継ぎ設定」をタップ。「アカウントを引き継ぐ」をタップしてオンにしよう。これでアカウントを他のスマートフォンに引き継ぐことができるようになる(24時間以内に引き継がなかった場合は、再びオンにする必要がある)。

 オンにすると他の端末からログインできる、つまりメールアドレスとパスワードを知っている人間すべてにログインを許すことになるので、必要なとき以外は決してオンにしないようにしてほしい。

1. 「その他」→「設定」→「メールアドレス登録」、または「Facebook連携」をしよう2. 登録したメールアドレス宛に届いた暗証番号を入力、「登録する」をタップすれば設定完了
3. 「その他」→「設定」→「トーク・通話」→「トークのバックアップ」をタップ4. 「今すぐバックアップ」をタップ
5. 「その他」→「設定」→「アカウント引き継ぎ設定」をタップ6. 「アカウントを引き継ぐ」をタップ
7. 注意が表示されるので「OK」をタップ8. オンになった

 同じOS間ならば友だちやグループ、トーク履歴など大抵のことは引き継ぎできるが、OSを変えてしまうとトーク履歴などの引き継ぎはできなくなるので注意してほしい。

旧端末で設定完了後、新しい端末に引き継ごう

 次はいよいよ新しい端末でLINEアプリを起動する。このとき、必ず「ログイン」をタップすること。「新規登録」にしてしまうと引き継げなくなるので注意。登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「OK」をタップ。

 これ以降、以前使用していた端末ではLINEを利用できなくなり、「ログイン」するとトーク履歴は削除されることになる。問題なければ「OK」をタップ。

 LINEアカウントを作成するためには、電話番号またはFacebookでの認証が必要となる。電話番号で認証するには、電話番号を入力して「番号認証」をタップ。スマートフォンのSMSに届いた認証番号を入力し、「次へ」をタップしよう。このとき「Facebookログイン」を選べばFacebookアカウントでの認証ができる。

 「トーク履歴の復元」画面になるので、「トーク履歴をバックアップから復元」をタップしてトーク履歴を復元しよう。

9. 「ログイン」をタップ10. 登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「OK」をタップ
11. 注意点が表示されるので「OK」をタップ12. 電話番号を入力し、「番号認証」をタップ
13. SMSに届いた認証番号を入力し、「次へ」をタップ14. 「トーク履歴をバックアップから復元」をタップしてトーク履歴を復元しよう

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。
 最新刊『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン