このページの本文へ

Intel「Intel Compute Stick」

インテルのスティック型PC「Compute Stick」が12日発売予定

2015年05月09日 23時48分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 発売が遅れていたインテルのスティック型PC「Intel Compute Stick」の販売が、12日(火)からスタートする予定だ。

インテルのスティック型PC「Intel Compute Stick」。わずか約10cmの小型PCだ

 「Intel Compute Stick」は、本体にHDMI出力端子を備え、ディスプレーに差し込むことでPCとして利用できるスティック型PC。OSはWindows 8.1 with BingまたはLinuxのモデルが用意されるが、今回発売されるのは前者のWindows 8.1モデルだ。

 主なスペックは、CPUが「Atom Z3735F」(1.33GHz)、メモリーが2GB、ストレージが32GB。インターフェースはHDMI出力端子、microSDカードスロット、Micro USB端子、USB端子を備える。

 販売を予定しているドスパラ パーツ館によると、予価は2万2442円となっている。

インターフェースはHDMI出力端子、microSDカードスロット、Micro USB端子、USB端子を備える
今回発売されるのはWindows 8.1 with Bing搭載モデル

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中