このページの本文へ

CES 2016レポート ― 第44回

Core m5-6Y57 vPro/Core m3-6Y30/Atom x5-Z8300搭載モデルを用意

インテル「Compute Stick」新モデルは、Core mでUSB増設!

2016年01月08日 16時29分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Compute Stick」の新モデルが登場

 インテルはCES 2016で、スティック型パソコン「Compute Stick」の新モデルを発表した。第6世代のCore mプロセッサー搭載モデルと、最新Atomプロセッサー搭載モデルを用意する。2016年第1四半期に販売開始予定。

 新モデルは、従来どおりHDMI端子でテレビやディスプレーと接続して使用するスティック型パソコン。Core m5-6Y57 vPro(1.1GHz)/Core m3-6Y30(900MHz)/Atom x5-Z8300(1.44GHz)を搭載機種をラインアップ。全機種とも、無線LANやBluetooth接続に対応している。また、従来モデルと比較してUSB端子を増設しているのも特徴だ。

 Core m5-6Y57 vPro(1.1GHz)/Core m3-6Y30(900MHz)搭載モデルは、4GBメモリー、64GB eMMCという構成だ。Core m5-6Y57 vPro(1.1GHz)搭載モデルは、OSなしで価格が499ドル(約5万9081円)。Core m3-6Y30(900MHz)搭載モデルは、Windows 10採用で価格が399ドル(約4万7241円)。

 Atom x5-Z8300(1.44GHz)搭載モデルは、2GBメモリー、32GB eMMCという構成だ。OSはWindows 10を採用し、価格は159ドル(約1万8825円)。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART