このページの本文へ

スティックPCをテレビに挿して使うときなど、ますます家庭に機器を置かなくても済むように

インテル、スマホがパソコンのキーボード&マウスになるアプリを公開

2015年06月24日 15時02分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Intel Remote Keyboard

 米インテルは6月19日、AndroidスマホをWindowsパソコンのキーボード&マウスとして利用できるアプリ「Intel Remote Keyboard」を公開した。

 Androidとパソコンが同一Wi-Fiネットワーク内にあれば利用できる。インテルのNUC(超小形PC)やスティックPCなどで利用することを目的としているが、Windows 8.1であればタブレットやノートパソコン、デスクトップパソコンでも利用できる。

キーボード縦位置でも利用できるが、トラックパッド利用は横位置にする必要がある 

 スマホとパソコンが同一Wi-FiネットワークにあればAndroidスマホ上のキーボードでパソコンの入力が可能なほか、画面をタップ/スワイプすることでマウス操作も可能。

左右クリックに加えてスクロールも可能 

 アプリ(Android 4.0以上)はGoogle Playにて公開、パソコン側にもソフトウェアをインストールする必要があり、同社サイトにて公開されている。利用は無料。また、iOS版も近々公開するとしている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART