このページの本文へ

Broadwell-U搭載13.3型「dynabook KIRA」春モデルが登場!

2015年01月26日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝は、第5世代Core i5-5200U(Broadwell-U)搭載の13.3型モバイルノート「dynabook KIRA」シリーズ2015年春モデルを発表した。ラインナップは、「dynabook KIRA V83」(V83/PS)、「dynabook KIRA V73」(V73/PS)、「dynabook KIRA V63」(V63/PS)。発売はそれぞれ1月29日より順次。店頭想定価格(税込)は、V83が21万円前後、V73が19万円台半ば、V63が17万円台後半。全機種とも「Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」「Adobe Photoshop Elements 12」をプリインストールしている。

「dynabook KIRA V83」「dynabook KIRA V73」「dynabook KIRA V63」

 最大解像度2560×1440ドット(WQHD)の13.3型タッチ液晶ディスプレーを搭載する「dynabook KIRA V83」は、第5世代Core i5-5200U(2.2GHz)、Intel HD Graphics 5500(CPU内蔵)、256GB SSDなどスペックを強化。重量は約1.32kg。バッテリー駆動時間は約13時間。harman/kardonステレオスピーカー、4K対応HDMI出力端子などは従来通りだ。

右側面
左側面

 「dynabook KIRA V73」「dynabook KIRA V63」は、第5世代Core i5-5200U(2.2GHz)とともに、最大解像度1920×1080ドット(フルHD)の13.3型液晶パネルを新たに採用(タッチ非対応)。このパネルは、光の写り込みを抑えたノングレア(非光沢)タイプとなっている。dynabook KIRA V73のストレージは256GBで、dynabook KIRA V63は128GB。重量は約1.1kg。バッテリー駆動時間は約16時間。

 また2015年春モデルは、作業環境に合わせて最適な表示色域を設定できる「Chroma Tune for TOSHIBA」の最新版を搭載。アプリ・ウェブコンテンツ、文書、映画などに合わせた設定が可能。

 このほか、マイクロソフトが提唱する「Precision Touchpad」の採用に加え、パームリジェクションを強化することで、クリックパッドの操作性を向上させた。3段階で調整可能なバックライトキーボードに加え、ウィンドウの切り替えをより直感的に行えるタスクスイッチャー機能なども搭載している。

マイクロソフトが提唱する「Precision Touchpad」の採用に加え、パームリジェクションを強化することで、クリックパッドの操作性を向上させた。バックライトキーボードの明るさは3段階で調整可能

 ボディには、軽量で強度に優れたマグネシウム合金を採用。さらに底面から側面部を一体化して剛性を高める「バスタブ構造」、キーボードと筐体を一体化させた「フレームレスキーボード」、ねじれやひねりに強い「ハニカムリブ構造」という3つの成型技術を集結して、高い堅牢性を実現している。

カテゴリートップへ

インテルバナー