このページの本文へ

dynabook KIRA V83/V73はCPUをCore i7-5500Uに強化

dynabook KIRA L93のSSDが2倍、東芝がウェブ限定モデルの販売開始

2015年01月27日 15時02分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 7 Professionalを採用する13.3型ノートのウェブオリジナルモデル「dynabook R63/PS」

 東芝は1月26日、直販サイト「東芝ダイレクト」で2015年春モデルのノートPCやタブレットの直販モデル「ウェブオリジナルモデル」を販売すると発表した。

Windows 7採用「dynabook R63/PS」の2015年春モデルは、Broadwell-U搭載

 東芝ダイレクト限定で販売する「dynabook R63/PS」は、OSにWindows 7 Professional(64bit)を採用する13.3型ノートだ。2015年春モデルでは、従来モデル「dynabook R63/W4M」と比べCPUを強化。第5世代Core i7-5500U(Broadwell-U)を採用する。価格は18万4680円。Office Home and Business 2013搭載モデルも用意し、価格は20万5200円。詳しくはこちらの記事を参照してほしい。

ストレージと光学式ドライブが異なる「dynabook R93/PB」「dynabook R83/PB1」「dynabook R73/PB

東芝ダイレクト限定モデルの13.3型ノート「dynabook R93/PB」「dynabook R83/PB」「dyanbook R73/PB」

 東芝ダイレクト限定で販売する13.3型ノート「dynabook R93/PB」「dynabook R83/PB」「dynabook R73/PB」は、従来モデルと比べ新たに「Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス」が選択できる。

 3機種の差はストレージと光学式ドライブ。dynabook R93/PBは256GB SSD、Blu-rayディスクドライブ搭載で、価格は20万7360円。dynabook R83/PBは1TB ハイブリッドHDD、Blu-rayディスクドライブ搭載で、価格は18万2520円。dynabook R73/PBは1TB ハイブリッドHDD、DVDスーパーマルチドライブ搭載で、価格は17万640円。詳しくはこちらの記事を参照してほしい。

dynabook KIRA L93」のウェブオリジナルモデルは、ストレージがカタログモデルの2倍

ストレージがカタログモデルの2倍で256GB SSDの13.3型コンバーチブルノートのウェブオリジナルモデル「dynabook KIRA L93/PG」

 13.3型コンバーチブルノート「dynabook KIRA L93」のウェブオリジナルモデル「dynabook KIRA L93/PG」は、カタログモデルと比べてストレージを強化。カタログモデルが128GB SSDなのに対し、ウェブオリジナルモデルは256GB SSDを搭載している。価格は24万9480円。製品情報およびカタログモデルのスペックはこちらの記事を参照してほしい。

「dynabook KIRA V83/V73」のウェブオリジナルモデルはCPUがCore i7-5500Uに

CPUをCore i7-5500Uに強化した13.3型ノートのウェブオリジナルモデル「dynabook KIRA V83/PS」「dynabook KIRA V73/PS」

 13.3型モバイルノート「dynabook KIRA V83」および「dynabook KIRA V73」は、カタログモデルと比べてCPUを強化。カタログモデルがCore i7-5200U(2.2GHz)なのに対し、ウェブオリジナルモデルの「dynabook KIRA V83/PS」、「dynabook KIRA V73/PS」はCore i7-5500U(2.4GHz)を採用している。

 価格は、dynabook KIRA V83/PSが20万880円、dynabook KIRA V73/PSが18万4680円。製品情報およびカタログモデルのスペックはこちらの記事を参照してほしい。

8型Windowsタブレット「dynabook Tab S38/PG」、10.1型「dynabook Tab S50/PG

Atom Z3735F(1.33GHz)を搭載する8型Windowsタブレット「dynabook Tab S38/PG」10.1型「dynabook Tab S38/PG」

 Atom Z3735F(1.33GHz)を搭載するWindowsタブレットのウェブオリジナルモデルで、8型の「dynabook Tab S38/PG」と、10.1型「dynabook Tab S50/PG」は、新たに放送中のTV番組のリモート視聴をサポート予定の「TVコネクトスイート」をプリインストール。Office Home and Business 2013も標準搭載している。価格は、dynabook Tab S38/PGが5万6160円、dynabook Tab S50/PGが6万4800円。詳しくはこちらの記事を参照してほしい。

 全機種とも、1月下旬に出荷開始予定。

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー