このページの本文へ

「2015春 Webオリジナルモデル」東芝ダイレクトで販売中第1回

13.3型2スピンドルの名機「dynabook R73」、2015年春モデルが直販中

2015年01月23日 17時00分更新

文● 花茂未来

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝の直販サイト「東芝ダイレクト」では、13.3型ながら光学式ドライブを内蔵するモバイルノート「dynabook R93/PB」、「dynabook R83/PB」、「dynabook R73/PB」を販売中だ。「2015春 Webオリジナルモデル」という位置づけで、2014年秋冬モデルとは異なり、「Office Home and Business Premium プラス Office 365サービス」搭載モデルが用意される。

店頭モデルより一足早く発売された「2015春 Webオリジナルモデル」の「dynabook R93/PB」

3機種の違いはストレージと光学式ドライブ

 3機種の違いは、ストレージと光学式ドライブの種類。最上位の「dynabook R93/PB」は、256GB SSDとBDドライブを搭載する。一方、中位の「dynabook R83/PB」は1TBハイブリッドドライブ/BDドライブ、下位の「dynabook R73/PB」は1TBハイブリッドドライブ/DVDスーパーマルチドライブという組み合わせになる。

 そのほかの主なスペックは共通で、4コア/8スレッドのCore i7-4710MQ(2.5GHz/最大3.5GHz)、8GBのメモリー、Windows 8.1 Update 64bitなど。またセキュリティ機能としてTPMセキュリティチップ(TCG Ver1.2準拠)を搭載するほか、BIOSパスワードやHDDパスワード、セキュリティロックスロットなどを備えている。

 無線通信機能としては、IEEE 802.11 a/b/g/n/acとBluetooth 4.0に対応している。バッテリー駆動時間は、標準バッテリーパック装着時でdynabook R93/PBが11時間、他2機種は10.5時間だ。本体サイズは、幅316×奥行き227×高さ18.3~26.5mm。重量はdynabook R93/PBが約1.43kg、dynabook R83/PBが約1.53kg、dynabook R73/PBが約1.52kg。

「Office Premium」付きはプラス2万520円

 価格はdynabook R93/PBが20万7360円、dynabook R83/PBは18万2520円、dynabook R73/PBは17万640円。「Office Home and Business Premium プラス Office 365サービス」搭載モデルは、それぞれプラス2万520円となる。

カテゴリートップへ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー