このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第56回

名刺データを人力で入力してくれる無料iPhoneアプリ「Eight」を徹底解説

2015年01月15日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 名刺をカメラでスキャンする管理アプリはいくつかあるが、「Eight」は写真を送ると、データを無料で人力入力してくれるのが特徴だ。今回は、写真を撮るだけで、名刺の正確な情報を登録・管理できる「Eight」の使い方を紹介しよう。

名刺を撮影して送信し、数時間待てば正確なデータが登録される。日々、たくさんの名刺を交換する人は要チェック!

まずは自分の名刺を撮影してプロフィール登録する

 「Eight」はSansan株式会社が運営する個人向けの名刺管理アプリ・クラウドサービスだ。名刺を撮影するとサーバーに画像が送信され、日本や中国にいるオペレーターが人力でデータを入力してくれるのがウリ。メールアドレスはダブルチェックしているので、高精度な入力が可能。それなのに、無料で利用できるという大盤振る舞い。将来は有料機能も搭載されるとのことだが、現時点では枚数無制限で利用できる。

 アプリを起動したら、まずは自分の名刺を撮影し、プロフィールとして登録する。その際、メールアドレスが記載されていないとアカウントの認証ができないので注意すること。また、人力で登録するため、データが送り返されてくるまでには時間がかかる。今回は、午後5時半に送信し、17時間後の翌日の午前10時半に通知が来た。ヘルプによると、混雑状況によっては最大1週間かかることもあるようだ。

 自分の名刺に書いてあるメールアドレスで認証し、パスワードを入力すれば準備完了。

アプリを起動したら、まずは右上をタップ「撮影する」をタップするカメラへのアクセスを許可する
自分の名刺を撮影するプロフィールに登録する職歴情報のため、この名刺を使い始めた日時を設定する利用開始日を選択したら「完了」をタップする
サーバーに画像が送信されるので、しばらく待つしばらくすると(今回は17時間後)、通知が出るアプリを起動し。「確認のためのメールを送信する」をタップする
メールが届くので「認証する」をタップする認証が完了したログインのためのパスワードを設定する。IDはメールアドレスだ

次ページでは、「撮って送るだけの簡単操作で完璧な名刺登録が可能

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART