このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第55回

iPhoneで写真に矢印やコメントを簡単につけられる「Skitch」を徹底解説

2015年01月07日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 地図のスクリーンショットに順路や自宅を描きこんだり、集合写真に丸を付けて人の顔を伝えたい時などは、画像編集アプリの出番。とはいえ、凝った編集機能よりも、簡単に使えた方がうれしいことが多い。今回は、超手軽に使える編集アプリ「Skitch」の使い方を紹介する。

言葉で説明するよりも、矢印1本の方が分かりやすいこともある

超手軽にいい感じの書き込みができる

 Skitchは、画像に矢印や図形、コメントなどを描きこめる編集アプリ。とはいえ、Evernote謹製のアプリだけあり、とても洗練されているのがウリ。操作も超簡単で、ほかの編集アプリよりも手軽に使いこなせること請け合いだ。

 写真を送って何かを伝える場合、メールなどの本文で言葉を尽くすよりも画像に注釈を入れた方がずっとわかりやすいことが多い。例えば、集合写真に写っている友人を教えるために、何列目の右から何人目というより、矢印を入れたほうが簡単。地図のスクリーンショットを取って目的地を伝える際は、ピンを置くだけでなく、ルートをなぞってあげると親切だ。そんな時に「Skitch」が活躍してくれる。

 アルバム内の画像だけでなく、カメラでその場で撮影した写真や地図、ウェブページ、PDFなどにも書き込むことが可能。真っ白な画面で、メモを取ることも可能だ。

Skitch: 撮る。描き込む。共有する。 App
価格無料 作者Evernote
バージョン3.3 ファイル容量28.7 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 7.0以降
アプリを起動すると数画面のチュートリアルが表示される。終了したら「今すぐ開始」をタップする位置情報やカメラ、写真、カレンダーなどへのアクセスを求められるので「OK」を選ぶ
「カメラ」モードで起動する。まずは右にスライドして「写真」を開いてみようアルバムから書き込みしたい写真を選択する
初回起動時は、機能のポップアップが表示される。デフォルトで、ツールや矢印、カラーはピンクが選択されている画面をなぞると矢印が書き込まれる。画面上部の元に戻すアイコンをタップすると、操作を取り消せる
共有アイコンをタップすると、共有メニューが表示されるメールやTwitter、Facebook、メッセージなどで書き込んだ画像を共有できる

次ページでは、「文字入れや図形での囲み、スタンプなども簡単!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART