このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 ― 第59回

iPhoneの動作を自動化できる神アプリ「Workflow」を徹底解説

2015年02月25日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iOSはWindowsのようにファイルのやりとりする自由度が少ない。そんな中、「Workflow」はiPhoneの複数アプリを自動で連携させ、本来であれば手間のかかる作業を自動化できるのがウリ。今回は、iPhoneアプリの動作をプログラムのように構築し、自動化できる神アプリ「Workflow」の使い方を紹介する。

「Workflow」を使って、iPhoneの操作を自動化する

動作を指定してWorkflowとして保存・実行する

 Workflowを使えば、プログラムを組むように動作を組み合わせて、iPhoneでの操作を自動化できる。例えば、ワンタップで近くのコーヒーショップを探したり、よく見るニュースサイトのトップ5の記事をまとめて開くといったことが可能になる。複数アプリを連携させ、指定した写真をZIPファイルでDropboxにアップロードしてからそのダウンロード用のURLをコピーするといったこともできる。UIは英語だが動作の単語さえわかればいいので、中高生程度の語彙でもなんとかなる。

 各ステップの動作を指定し、Workflowとして登録することで、ワンタップで実行できるようになる。まずは、アプリを起動し、チュートリアルをこなす。チュートリアルでは、自動的にカメラを起動して3枚撮影してもらい、それをアニメーションGIFに仕立てたうえ、Facebookに投稿するというWorkflowを作成する。画面の指示に従って、動作の項目を右にドラッグするだけと簡単だ。

Workflow: Powerful Automation Made Simple App
価格300円 作者DeskConnect, Inc.
バージョン1.1 ファイル容量21.8 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 8.0以降
アプリの起動画面。「Get Started」をタップするチュートリアルが始まる。まずは画面の指示に従って、「Take Photo」を右にドラッグする
画面が切り替わって、「Take Photo」が登録される次は「Make GIF」をドラッグして登録
指示に従い「Quick Look」や「Post on Facebook」を登録すれば完了。画面上部の再生ボタンをタップするカメラが起動するので、3枚撮影する
自動的にその写真がアニメーションGIFに変換される自動的にFacebookの投稿画面が開く

次ページでは、「ほかの人が作成したWorkflowを使ってみる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART