このページの本文へ

社内システムやCRM、SFAなどで精度の高い名刺情報を利用可能

SansanがAPIを公開!名刺管理サービスと連携可能に

2015年10月29日 15時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月29日、Sansanは法人向けクラウド名刺管理サービス 「Sansan」のAPI ver1.0を公開した。今回のAPI開放により、社内システムをはじめCRMやSFAなど各種ビジネス向けITサービスと連携が可能になる。

 Sansanのデータベースは日経テレコンやダイヤモンド社の人事情報を元に人事情報を更新する機能(特許取得)のほか、同じ会社の社員が受け取った名刺を共有する名寄せ機能、スキャナやスマホアプリで読み取るだけで、入力オペレータにより正確にデータ化するなどの機能が用意されており、クラウド上の顧客情報がつねに正確・最新に保たれる。今回のAPIの公開により、こうしたSansanのデータベースをマスターとし、自社システムやパートナーの製品上でSansanに登録した名刺情報を取得して利用できるようになった。

 Ver1.0では、期間指定での名刺情報の取得、条件指定での名刺情報の取得、名刺にひもづいた人物の詳細情報の取得などが行なえる。提供形態はRESTful APIで、利用は無料。商用利用の際は下記パートナープログラムの契約締結が必要になる。また、自己使用の場合はDeveloper's Guideをダウンロードして利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ