このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第83回

イマドキの最新ガラケーのカメラの性能をチェックした!

2014年05月05日 14時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 番外編として最新ガラケーの比較をしている本連載。スマホのカメラは今も進化が続いているが、最近のガラケーのカメラは一時期ほどの“超ハイスペック”という感じではない。“そこそこの”カメラに逆戻り? とも思えるのだが、撮影スピードは速いのか? 撮った画像はキレイなのか? いろいろ試してみた。

ドコモ「N-01F」au「MARVERA」
ソフトバンク「301P」ウィルコム「WX12K」

ガラケーのカメラは
スペックだけ見ると、以前と比べると……

 本連載で比較しているのは昨年後半~今年にかけて発売されたガラケー4機種。ドコモ「N-01F」、au「MARVERA」、ソフトバンク「301P」、ウィルコム「WX12K」だ。これまでの記事で全体的なスペックはMARVERA、料金ではWX12K(関連記事)、スピードチェックではN-01Fが勝利しているが(関連記事)、301Pも決して悪い成績ではない。

 今回はカメラチェックなので、カメラ関連のスペックを以下にまとめた。

  ドコモ
「N-01F」
au
「MARVERA」
ソフトバンク
「301P」
ウィルコム
「WX12K」
カメラ画素数 810万画素CMOS 808万画素CMOS
(裏面照射型)
510万画素CMOS 500万画素CMOS
撮影ライト
・フラッシュ
× ○(ライト) × ○(ライト)
手ブレ補正 × ×
インカメラ × × × ×
動画と静止画の同時撮影 × × × ×
動画最大サイズ HD VGA VGA 240×176
シーン設定の有無 ×
露出補正
ホワイトバランス調整

 画素数自体は500~800万画素程度でも、一般的な利用では特に不都合は無いだろう。ただ他のスペックを見ていくと、全盛期のガラケーのカメラを知っていると「機能を削っているな」と感じる部分も多い。

 まず4機種ともインカメラが無い。静止画と動画の同時撮影もスマホでは対応機種が多いが、今回のガラケーでは非対応。カメラのライトやフラッシュが無い機種もある。ただしN-01Fは動画の最大撮影サイズが唯一HDと高い。スマホではすでにフルHDが当たり前になり、4K対応機種も出てきているが、ガラケーではHDで十分ということだろうか。

 MARVERAは撮影用のライトがあるものの、動画の撮影サイズはVGA止まり。301Pも同じくVGA止まりで、撮影用ライトも無く、さらに手ぶれ補正も無い……。

 WX12Kにはライトがあったものの、手ぶれ補正が無く、動画の撮影サイズは240×176ピクセルとVGAよりも小さく、シーン設定は無し。

 カメラはかなり利用頻度が多い機能だと思うのだが、最近のガラケーユーザーが「通話メイン」の人だと考えれば、高機能は必要ないという判断なのかもしれない。

カメラの起動時間チェック
301Pが1秒台で最速

 最初のテストはカメラの起動時間チェック。MARVERA以外はカメラボタンを押してからファインダーが開くまでの時間。MARVERAはカメラボタンが無いのでメインメニューのカメラアイコンを選択したときからの時間を計測している。4機種とも静止画の最大撮影サイズを設定した状態で起動する。また計測には起動の様子を3回動画で撮影し、時間をチェックした。最短タイムは以下の通り。

  ドコモ
「N-01F」
au
「MARVERA」
ソフトバンク
「301P」
ウィルコム
「WX12K」
カメラ起動速度 2秒13 2秒11 1秒21 4秒01

 301Pが1秒台で最速となった。計測の3回とも1秒台で、他の機種が2秒以上かかっていることを考えると、確実に一歩リードしている。

 2位のMARVERAはカメラアイコンを選んだあと「カメラモード」の選択があるため、少し不利だがそれでも2秒台前半と好成績。ただ実際の操作を考えると一度メインメニューを開くことになるので、起動までの手順が長い。

 N-01Fはカメラボタンを押したあとは、すぐにファインダー画面になるため、MARVERAとほぼ同タイムだが、実際の起動では手軽だと感じる。WX12Kはカメラボタンを押したあと「フォト撮影」の選択があるため、若干時間がかかるうえ、起動時間も長めだ。

撮影間隔を比較すると
N-01Fが瞬撮っぷりを発揮

 続いて撮影間隔を比較する。これも撮影の様子を動画で記録し、時間をチェックした。これも最大撮影サイズに設定して比較している。また撮影した画像は保存確認をせず、自動保存に設定している。

  ドコモ
「N-01F」
au
「MARVERA」
ソフトバンク
「301P」
ウィルコム
「WX12K」
カメラ撮影間隔 1秒24 2秒03 5秒99 12秒16

 N-01Fが1秒台でリード。遅くとも2秒を切るタイムでN得意の「瞬撮(クイックショット)」らしい結果となった。続くのがMARVERA。撮影後は自動保存されるのだが「カメラフォルダに保存中です」という表示が出て、N-01Fと比べると体感も少し長く感じられる。

 301Pはかなり引き離され最速でも6秒弱。「処理中」「保存中」の表示があるのだが、どちらの表示も長く感じられる。WX12Kはさらに遅く12秒台。保存だけでなく、ピントが合うのにも時間がかかった。被写体にもよるかもしれない。PHSとしては多機能でも3Gケータイとの比較では厳しいようだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART