このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第82回

ガラケーで久々の文字入力! 通信速度や操作性もチェック

2014年04月30日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマホ夏モデルの登場を前に、番外編として最新のガラケー(フィーチャーフォン)比較を行なっている本連載。第2回は気になる“スピードチェック”。とはいえ文字入力は筆者としては久々となるテンキーを使った入力に加え、3Gによる通信速度計測と、スマホ相手には苦戦しそうなテストが中心だ。結果はどうなる?

ドコモ「N-01F」au「MARVERA」
ソフトバンク「301P」ウィルコム「WX12K」

4機種のガラケーのスペック

 今回も比較するのはドコモ「N-01F」、au「MARVERA」、ソフトバンク「301P」、ウィルコム「WX12K」の4機種。主なスペックをおさらいすると以下のとおりとなる。

  ドコモ
「N-01F」
au
「MARVERA」
ソフトバンク
「COLOR LIFE 4 WATERPROOF 301P」
ウィルコム
「WX12K」
メーカー NECカシオ 京セラ パナソニック 京セラ
本体サイズ 約51×110
×14.4mm
約49×112
×16.5mm
約51×112
×18mm
約50×110
×16.4mm
重量 約118g 約124g 約121g 約113g
画面サイズ 3.4型 3.2型 3.4型 3型
画面解像度 480×854ドット 480×854ドット 480×854ドット 240×400ドット
連続待受時間 780時間 380時間 600時間 720時間
連続通話時間 4時間30分 4時間 3時間40分 10時間
データフォルダー容量 256MB 800MB+100MB 700MB 100MB
メモリーカード microSDHC
(32GB)
microSDHC
(32GB)
microSDHC
(32GB)
microSDHC
(32GB)
下り最大通信速度 7.2Mbps 9.2Mbps 7.2Mbps 400kbps
無線LAN × × × ×
テザリング ○(Bluetooth) ○(Bluetooth)
カメラ画素数 810万画素CMOS 808万画素CMOS
(裏面照射型)
510万画素CMOS 500万画素CMOS
インカメラ × × × ×
GPS × × ×
防水/防塵 ○/○ ○/○ ○/○ ○/○
ワンセグ連続視聴 5時間50分 5時間30分 5時間45分 ×
フルセグ連続視聴 × × × ×
FeliCa × ×
赤外線通信
Bluetooth × 2.1 2.0 2.1
SIM形状 microSIM microSIM 通常サイズ 無し
バッテリー容量 1010mAh 1020mAh 800mAh 800mAh
Qi × × × ×
カラバリ PINK、BLACK、WHITE ホワイト、ピンク、ブラック ブラック、ゴールド、ライトピンク、チェリーピンク、ホワイト、ペールミント、レッド、ブルー ブラック、シルバー、ピンク、ネイビーゴールド、ホワイトゴールド、シャンパンゴールド

 この結果からほぼ全部入りと言えるMARVERAを勝利と判断、さらに料金比較も行ない、これはPHSのWX12Kがリードとして、京セラ製の2機種をそれぞれ1勝と結論づけた(関連記事)。

 スマホと比べてスペックや機能が全然違い、一方で料金は低いと、驚くことばかりだが、今回はすでにスマホから撤退しているNとPにガラケーで頑張ってほしいところだ。

PCサイトのスクロールテスト
N-01Fが圧勝!!

 まずはスクロールの速度を競う。スマホではGmailアプリを用いていたが、ガラケーでは難しいので、ASCII.jpのトップページをPCサイトで表示し、上から下へのスクロール速度を競うことにした。

ガラケー派でも最近はフルブラウザーを使うケースは多いはずなので、フルブラウザーによるスクロール速度をテストした

 タイムはストップウォッチで3回計測し平均をとる。各機種PCサイトの表示機能が違うので、以下にまとめた。

・N-01F……フルブラウザ
・MARVERA…PCサイトビューアー
・301P……PCサイトブラウザ
・WX12K……ブラウザのデスクトップ表示

 4機種とも一度トップページ全体の表示が終わったあとにスクロールを始めている。結果は以下の通りだ。

  ドコモ
N-01F
au
MARVERA
ソフトバンク
301P
ウィルコム
WX12K
最速タイム 4秒97 7秒16 12秒99 40秒00
平均タイム 5秒11 7秒25 13秒11 43秒12

 ここまで違うのかと驚くほどの差がついた。

 最速はN-01F。トップページの表示自体は3G通信なので時間がかかる(後ほどテストしている)が、一度表示されてしまえば下へスクロールするのは快適。ただし全画面表示ではないので、スマホのようにページ全体をパッと見て記事を探すのと比べると、少々もどかしい。ただ、たまに見る程度なら十分だろう。

 続いたのはMARVERA。スクロール自体はスピーディーに感じたが、ページのレイアウト表示の違いからかN-01Fよりは時間がかかる。auのPCサイトビューアーはOperaベースのブラウザーでブックマークをタイル状に表示できるなど、ブラウザーの機能自体は4機種の中で一番考えられているように見える。ケータイの画面に合わせてページ全体を縦表示する「スモールスクリーン表示」という機能もある。

 3位は301P。スクロールしている時にカクカクした動きがあり、ぎこちない感じが少しある。最後のWX12Kもぎこちない動作で、スクロール自体が遅い。N-01FやMARVERAが「スーーーー」とスクロールできるのに対し、WX12Kは「トトトトトト」と小刻みに進む印象だ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART