このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第84回

音楽を危機から救うか、「タワレコのPOP」的なWebサービス

2012年01月14日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

大学院では音楽検索が専攻だった

―― 開発期間はどれくらいですか?

早川 2011年の秋くらいからですね。

―― じゃあすぐにできちゃった感じですね。

早川 僕は元々こういう仕事をやっていたので、いっぱいライブラリーを持っているんですよ。音楽検索が専攻で論文もそれで書いているんで、ある程度組み合わせでできちゃったんですね。

早川さんは1977年生まれ。東京大学文学部 美学芸術学専攻を卒業した後、同大学院 学際情報学府博士課程に進んでいる

―― 「音楽検索」って何ですか?

早川 その頃は「ミュージック・リトリーバル(music retrieval)」という言い方をしていて、大学院では音楽をどういう風にジャンル分けするかをやっていました。音楽をデータ的に解析して、これは四つ打ちだとか、これはエイトビートだとか、そういう要素で判別していく研究をやっていました。

―― それはオーディオデータそのものを解析するということですね?

早川 そうですね、音そのものを扱う研究をしていました。周波数帯域を細かく分析して似ているものを探すとか。当時の研究だと曲のジャンルまでは分からなかったんですが、CDの年代までは何となく分かったとか。年代で言うと音の癖があるんですね。その分析で学会では圧倒的に有名なのが後藤真孝さんで。

産業技術総合研究所の後藤真孝氏。「ぼかりす」など合成音声系の研究をしている

―― ああ、あの産総研の。

早川 はい、いま初音ミクの方でご活躍されていて。その方が僕が修士の頃にはビートを割り出すシステムとか、そういうものの第一人者として活躍していて、僕はそれを読んで勉強していたんです。

―― それで民族音楽が好きというのは面白いですね。やっぱり普通の音楽はつまらなかった?

早川 僕は普通のバンド活動はしてこなかったんです。ドラムにベースがいてギター、という普通の編成のバンドをやったことが基本的にはない。一番最初にやったのがガムラン(インドネシアの音楽)とピアノの二人組で、そこの青い部屋で。

青い部屋 : 東京渋谷にあった作家・シャンソン歌手の戸川昌子さんがオーナーの有名なバー。40年以上に渡って営業を続けたが、経営責任者の資金持ち逃げにより経営難となり、2010年末に閉店。現在はLast Waltzというライブハウスになっている。

―― そこはIT系に最適化しようと思ったりはしなかったんですか? 分かりやすくテクノとか。

早川 僕の中では民族音楽をデジタル的に解析してやっているという意識はあるんですよ。現地に行ってガムランとかを録って全部分解して、結構電子的な作り方をしているんです。それを、そう見せないというのが僕のやり方で。それともう一歩、ポップスという大きなシーンを狙ったからでもありますね。東京エスムジカをやる前は歌モノも作ったことはなかったんですけど、ポップスのフイールドに乗せられる形にまとめることができて、その割にマニアックな方向性も作ることができたという点で、僕は傑作だったと思っているんです。それをやらせてくれたレコード会社の懐の深さには感謝しています。

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART