このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

スマホの機能を徹底チェック 最強スマホ&サービスはコレ! ― 第8回

高速起動&連写でサクサク撮影できるスマホはこれだ!

2011年08月01日 17時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MEDIAS WPは0.04秒間隔での連写に対応している

 スマートフォンのカメラ機能の高機能化が進んでおり、ケータイでおなじみの要素が搭載されはじめている。そこで今回はカメラ機能に特徴のある4機種を用意。2回にわたって機能をチェックしてみる。まずはカメラが“軽快に使えるか”を中心に比較してみた。実際の利用シーンで気付いたことも随時紹介する。

今回用意したのはカメラ重視のこの4台

 まずは今回テストに使用する機種を紹介しよう。以下の4台だ。

●NTTドコモ「Xperia arc SO-01C」
●NTTドコモ「MEDIAS WP N-06C」
●au「AQUOS PHONE IS12SH」
●ソフトバンク「AQUOS PHONE 007SH」

国内メーカー製のスマホを中心にカメラ機能の強化が進んでいる

 Xperia arcはソニーの裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載し、開放F値2.4のレンズで明るく撮れることをウリにしている。夏モデルのドコモ/auの「Xperia acro」も基本的に同じカメラ機能を搭載しているので、Xperia acroの購入を考えている人にも参考になるだろう。また撮影間隔もかなり短くなっているという。

 MEDIAS WPは、NEC製ケータイでおなじみの「瞬撮」に対応した機種だ。カメラの起動時間が最短約0.8秒、撮影間隔が最短約0.9秒という数値には期待が高まる。また後述するが連写機能もなかなか強い。

 AQUOS PHONE IS12SHはツインカメラを搭載した3Dが撮れるスマートフォン。また、シャープ製ケータイの流れをくむ多彩な機能を用意している。

 AQUOS PHONE 007SHは16.1メガという非常に高画素なCCDセンサーを搭載する。このスペックをみるとケータイのAQUOS SHOT級の実力を持っていると期待が持てる。メーカーとブランド名が同じauのIS12SHとは機能も共通しているが、細かく比較してみると若干の違いもあった。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART