このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スマホの機能を徹底チェック 最強スマホ&サービスはコレ! ― 第49回

スマホとケータイ、どっちを選ぶ? あらためて比較した

2012年07月02日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏モデルではドコモからiモードケータイの新製品が1機種も発表されないなど、各社ともスマートフォンシフトが一気に進んでいる。新機能や新サービスにしてもスマートフォン用ばかりが目立つ。

 とはいえ、「ケータイで十分」「ケータイの方がスマホより機能が多い」「ケータイの方が電話がしやすいから2台持ち」といった意見も根強い。実稼働台数でいえばケータイのほうがまだ多数派。ケータイ派の人が機種変更するなら、最新のケータイがいいのか、それともやっぱりスマホなのか、いろいろな観点から比較して検討した。

ケータイの最新機種は昨年モデル

 今回用意したのは主要3キャリアそれぞれケータイとスマホを1機種ずつ。具体的には以下のとおりだ。

●NTTドコモ
ケータイ:F-02D(2011年11月発売)
スマートフォン:Xperia acro HD SO-03D(2012年3月発売)

F-02DXperia acro HD SO-03D

●au
ケータイ:F001(2011年11月発売)
スマートフォン:URBANO PROGRESSO(2012年5月30日発売)

F001URBANO PROGRESSO

●ソフトバンク
ケータイ:PANTONE 4 105SH(2012年3月発売)
スマートフォン:AQUOS PHONE 104SH(2012年2月発売)

PANTONE 4 105SHAQUOS PHONE 104SH

 なお、ドコモとauのケータイは昨年発売のモデルである。まずは主要スペック・機能の対応状況を見てみよう。

ケータイ
  ドコモ「F-02D」 au「F001」 ソフトバンク「PANTONE 4」
本体サイズ 50×111×13.9mm 50×111×14.2mm 50×104×17.4mm
重量 130g 111g 98g
ディスプレー 3.4型(480×854ドット) 3.3型(480×854ドット) 2.9型(240×400ドット)
防水 ×
ワンセグ視聴時間 300分 240分 360分
おサイフケータイ ×
赤外線通信
カメラ 1630万画素 1310万画素 320万画素
高速通信(Xiなど) × × ×
無線LAN × ×
テザリング × ×
スマートフォン
  ドコモ「Xperia acro HD」 au「URBANO PROGRESSO」 ソフトバンク「104SH」
本体サイズ 66×126×11.9mm 64×125×10.8mm 65×129×9mm
重量 149g 139g 126g
ディスプレー 4.3型(720×1280ドット) 4型(480×800ドット) 4.5型(720×1280ドット)
防水
ワンセグ視聴時間 290分 350分 ×
おサイフケータイ ×
赤外線通信 ×
カメラ 1210万画素 808万画素 1210万画素
高速通信(Xiなど) ×
無線LAN
テザリング ×

 一目でわかるのがケータイのコンパクトさ。幅は3機種とも50mmだ。しかも軽量で画面サイズは3型前後。スマートフォンは幅が60mmを超えているので、ケータイとは幅で1cm以上の差がある。しかも画面が4型以上だ。画面解像度を見てもスマートフォンが基本的により高解像度である。ただしURBANO PROGRESSOは480×800ドットとやや低めである。

 ワンセグは、グローバル端末に近いソフトバンクの104SH以外は対応。連続視聴時間を比較すると105SHとURBANO PROGRESSOがいい勝負だ。スマートフォンのバッテリーは消耗が早いと言われるが、ワンセグの視聴時間だけなら案外変わらない。

 最近の国内メーカー製スマホは防水やおサイフケータイにも対応しているので、どちらも互角の印象だ。カメラは画素数だけを見るとハイエンドiモード端末のF-02Dが1630万画素。ただし使い勝手は別問題なので後ほどチェックしてみよう。

 機能差があるのは無線LAN。ケータイでも一時期無線LAN搭載の動きがあったが、今回紹介する中ではF-02Dのみ。スマートフォンでは標準機能なので、3機種とも対応している。テザリングもケータイではF-02Dだけが利用できる。ただし、ソフトバンクは非対応だ。

 そして高速通信への対応もスマホが有利。今回取り上げたXperia acro HDは非対応なものの、夏モデルのXperiaシリーズではXiに対応している。

 ハードウェアの機能だけを見るならスマホが有利。ただし携帯性を考えるならケータイ、という結果と言えるだろう。それでは実際に使ってみるとどんな差が出てくるだろうか。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART