このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験! ― 第7回

電池を越えた電池! 電池と言えない電池を発見!

2009年05月10日 18時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

電池実験番外編!

 いよいよ最終回のアルカリ電池性能比較。今回は、普通のアルカリ電池とはちょっと違った電池をお届けしよう。

 あまりにも実験結果が違いすぎて、アルカリ電池として比較できない凄い奴らだ。

メーカー 名称 型番 セット価格 セット本数 使用推奨期限 生産国
日本協能電子防災用水電池 NoPoPoWP1031280円3本2018年7月中国
Energizere2(エースクエア)リチウムFR6ELU 4B1380円4本2023年3月アメリカ
パナソニックオキシライドZR6XJ258円2本2012年11月日本
日本協能電子 防災用水電池Energizer e2(エースクエア)リチウムパナソニック オキシライド

そりゃ反則だろ!? って電池を発見!
その名はEnergizer!

 Energizer(エナジャイザー)の名前を見聞きした人はかなりいるだろう。アメリカの大手電池メーカーでDURACELLとともに、その名を世界に轟かせている。しかも国内では、2005年から2008年の6月まで富士フイルムがEnergizerブランドの電池を販売していたのだ。

 がっ! ASCII.jp電池実験チーム(隊員数1名)が、アキバのヨドバシカメラで見つけたのはちと違う。それが、コイツだ。

 なんて、ふてぶてしい面構えだっ! そう、フツーの電池はプラスを左に向けると、正しい印刷方向になるのに、コイツは

 印刷が逆っ!

 フツーの電池は、こう。

アメリカ産の電池だから印刷が逆ってわけでもない。ご覧の通りDURACELLは、プラスが左に来るように印刷されている

 こんな面構えって相場が決まってるんだ! ややこしいコトするアメリカンだな、オイッ!

 さらによく見てみれば「LITHIUM」とっ! そう、Energizer e2(エースクエア)リチウム電池といって、使い捨ての乾電池なのだ! だから充電できない。

 使い捨てのリチウム電池は、かなり昔からある。ASCII.jp読者なら誰でも知ってる「CR2032」が有名だ。パソコンの中に入ってる内蔵時計のバックアップ用電池。アレ。それ以外にも、フィルム式の一眼レフカメラでよく使われている俵型の「2CR5」などが有名だ。

 ふてぶてしいのは面構えだけじゃない! なんと使い捨ての乾電池とは思えないプライス設定! 4本で1380円ですとぉ!?

 しかし、パッケージに踊る煽り文句の数々が財布の紐をユルユルにする。

  • ハイテク機器で使えば 世界一 長持ちする単3乾電池
  • デジカメで使えばアルカリの最大7倍長持ち
  • 軽量&温度変化に強い(-40℃~60℃)

 これまでの実験結果から、電池の煽り文句ほどアヤシイものはないことが判明しているので、かなりマユツバだが買ってきた。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社