このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験! ― 第3回

有名メーカー電池ガチンコ勝負! 連続使用決戦!

2009年04月12日 12時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 あんぎゃ~! ACアダプタが萌えた! じゃねーっ!

 ACアダプタが燃えた───ッ!

 いつも通り夜中に電池の実験をしながら原稿を書いていると、部屋の隅からチリチリチリ……という嫌な音。これは電気関係のトラブルっ!? と部屋を見渡すも、5秒もするとシュー! という音とともに、強烈なオゾン(昔の地下鉄の臭い)の臭いが部屋に充満する。どこかでショートしている!?

 パソコン? 問題ナシッ! 電灯? 問題ナシッ! パソコン周りのコンセント? 問題ナシッ! くっそー! どこだっ!? ふと部屋の片隅にあるテーブルタップを見ると、かすかに煙が上がってるじゃないか! これだ! とACアダプタの刺さっている状態でテーブルタップを持ち上げると

 うぉぁ熱ちっちちちっ~!

 なんとACアダプタが燃えていたのだ! 急いで煙の昇っているACアダプタをテーブルタップから外すと、ご覧のとおりだ。

中心部分が熱で溶けて変形しているACアダプタ。韓国製の液晶ディスプレイ用で12V 2Aのもの

 ケース変形してるし! あまりにも熱くて触れないので、しばらく冷ましてから分解してみると……、

ガラス樹脂でできている基板に穴が開くほど燃えるっ! フタの内側もススだらけ……。怖えーなー

 いい感じに燃えてます!(笑)

 よくメーカーが「ACアダプタが発火する恐れがある」として、回収している話は見聞きするが、実際に燃えたACアダプタってのは見たことないぞい! 試しにGoogleで画像検索してもそんなモノは見つからない! それほどまでにこの写真は貴重だ! 皆さんの家宝にしていただきたい!

さらに分解を続ける、部品面も焼けている……。

こりゃ酷でぇ! 原因は不明だが、トランスの100V側のショートなのかも?

 延焼の状態から見て、原因はトランス(交流100Vを12Vに変換するパーツ)の100V側にありそうだ。これは韓国産の古い液晶ディスプレイのACアダプタなのだが、ディスプレイは省電力モードになっているので、さほど電力を食っているわけでもない。ACアダプタの接続も問題ないし、ディスプレイ側にも問題なかった。つまり、ACアダプタの自然発火だが、それ以上の原因は究明できなかった。老化によるものなのか、他に原因があるのか不明だ。とくにリコールされている製品でもないのに、この状態なので火事には十分注意してほしい。

 と、ここまで紹介したACアダプタの発火は、実は電池の実験とはまったく関係ない。実験機のモニターなんで多少は関係するが、単に誰かに見てほしかっただけだっ!

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社