このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験! ― 第5回

大電流で電池も加熱! ミニ四駆で無茶してみた~有名メーカー編

2009年04月22日 18時00分更新

文● 藤山哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

さあて、次なる実験は?

 電池で大電流を使うシーンといえば、ストロボやデジカメなどが思い浮かぶ。以前、ストロボの電源をACアダプタにできないかな? とテスターで調べて見たところ、単3電池4本に内蔵ストロボでは、7A(フルチャージ中)も流れててビックリ! ドッキリ! ぶっ飛び! 電池とは思えない電流レベル!

 単純に内部抵抗を計算してみると、0.86Ωって……。ほぼショートじゃん! チャージ中は、ドでかい内蔵コンデンサに電気を一気に溜め込むんだから、まぁそんなモンなのかもしれないが……。

 確かにストロボやデジカメは、大電流機器として格好の実験材料だが、いかんせん実験装置が複雑だ。そこで、簡単かつ身近にある大電流機器の代表として、モーターを使った性能対決してみることにした。

 なお豆電球のときは、間欠利用と連続利用を実験したが、「大電流機器を間欠で利用するシーンはそんなにないだろう」ということで、モーターでの実験は連続利用のみとする。

 決して実験に飽きたってワケじゃないぞ!

単にモーター回してもつまんないし……どうしよう?

 子供用のおもちゃから、大人用のおもちゃまで幅広く使われているモーター。とはいえ、ギアなどで変速しているので、さほど大電流は流れていない。何かモーターに負荷をかけて、大電流を流せないだろうか? あれこれ考えているうちに目に止まったのは、

 タミヤのミニ四駆だ!

 いろんな意味で無茶をするミニ四駆だけに、実験材料としてはピッタリ。さっそく、近所の模型屋さんに行って、なんだか速そうなネーミングの「マンタレイ Mk.II ブラックスペシャル」ってのを買ってきた。

 しかーし! 筆者の大邸宅は

 ミニ四駆を走らせるほど広くないっ!

 プラレールの基本セットすら広げられるか怪しいぐらいの大邸宅だ。そこで省スペースかつ、ミニ四駆をフルパワーで走らせられるシャーシダイナモ(自動車のパワーなどを測る計測器)を作って見た。

ミニ四駆用のシャーシダイナモ!

 実に生活感みなぎる写真で申し訳ないが、試作中のシャーシダイナモだ。ミニ四駆用のタイヤとシャフト、アクリル板を使って作ってみた。

軸受けも金属製にして回りをよくしてみたテールはスプリングでシャーシダイナモに半固定。ミニ四駆から伸びているのは、エヴァンゲリオンでおなじみの外部電源用アンビリカル・ケーブルだ

 軸受けもミニ四駆用のものを使って、極力スムーズに。また、アクシデントで車体がシャーシダイナモから飛び出さないように、テールはスプリングでシャーシダイに半固定しているのである! 俺って、もしかして天才?

 ただこれだけでは、大電流を流したときの寿命実験になってしまうので、ひとひねり加えたのが次の部分。

取って付けたように見えるが、シャーシダイナモが完成したあとに取って付けた速度検出ユニット

 シャーシダイナモから車軸の回転を引っ張ってきて、モーターを回してやろうというユニットだ。ユニットの製作には、タミヤの楽しい工作シリーズから「ユニバーサルアームセット」と「プーリーSセット」を利用した。タミヤ模型マンセー!

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社