このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ガジェットで自転車ライフをもっと便利に! ― 第10回

サイト連動型サイクルコンピュータ「emeters」を試す!

2009年05月08日 19時00分更新

文● 荻窪 圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自転車にハマりはじめたら絶対欠かせないアイテムが「サイクルコンピュータ」。「全部入り」の自転車用最強GPSユニット(いいよねっとからめでたく日本語版が発売されました)「Edge 705」、前々回は心拍計付属の健康的なサイクルコンピュータ「Cyclink」と紹介したんだけれども、今回はもうちょっとシンプルに、計測できるのは速度や距離や時間だけという、1年ちょっと前に出た製品を紹介しちゃう。

 ただし、サイクルコンピュータとしてはシンプルな作りでも、大きく違うのは、ネットにつながること。それがブリヂストンサイクルの「emeters」である。価格は8400円と、サイコンの中でも安い部類に入る。

シンプルなサイクルコンピュータ「emeters」

 emetersに記録された走行データをUSBでパソコンにつないでやると、自動的に専用のサイトにデータがアップロードされ、ネット上に刻々とそれが溜まっていくのだ。

 溜まれば溜まるほど面白くなるのである。

ネットでこんなことができる

 走行が終わったemetersを自転車からはずして部屋に持ち込み、専用のクレードルでパソコンに接続。

USB端子に専用のクレードルを接続しておく。なお、対応OSはWindows XP/Vistaのみ。Mac系には非対応接続すると自動的に認識され、転送画面になる
emetersをつなぐとこのウインドウが立ち上がるので、アップロードボタンをクリック。作業はそれだけだ

 すると自動的にデータ読み込みソフトが起動し、アップロードをクリックすればデータが「ネット上の専用のサーバー」に転送されるのだ。手元のPCじゃなくて、ネット上の専用サーバーというのがミソである。

転送中。自動的にサーバーにログインしてデータの転送がはじまるのだ

 そのサーバーはemetersユーザー専門の会員制サイト。emeters専用自転車SNSと思えばいい。入会すると、emetersを自転車に装着して走っている人が大勢いることがわかる。サイトでできることはけっこう豊富。基本は「自分の走行データの管理」だ。

走った日の平均速度表示は折れ線グラフ走った日の走行距離は棒グラフで
距離と速度を重ねて表示。グラフの重ねて表示機能は便利マイランキングも表示できる。これは走行距離ランキングトップ5(あくまでも「自分」の)。これはなかなか楽しい

 emetersが記録する走行距離、速度、時間、消費カロリー(ただしこれはかなりの目安)、さらに手入力すれば体重も記録され、グラフで表示してくれる。

 長く使えば使うほど、データが溜まっていくので、最近あまり走ってないなぁとか、ここんとこよく走ってるなぁ、というのがわかる。

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社