このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

痛車だって走りたい!

新春走り初め! 痛車が富士スピードウェイを爆走!

2009年01月07日 22時00分更新

文● 末岡大祐/Webアキバ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今年も痛車でいこう!

 痛車に始まり、痛車に終わった2008年。2009年の始まりも、やっぱり痛車だった!

 1月3日に富士スピードウェイにて開催された「無料体験走行会」。先着100名まで富士スピードウェイを先導車付きで走行できるというNEW YEAR EVENTで、これに痛車軍団も参加するという情報を聞きつけ、正月休みを返上して富士へと向かった。

 富士スピードウェイに到着すると、新年早々たくさんのクルマが! 無料体験走行会だけでなく、普通の走行会も行なわれていたので、様々なクルマが入り乱れていた。そんな中、痛車軍団を発見。痛車は痛車できっちり固まっており、そのほとんどが「あうとさろーね」(関連記事)に参加していたクルマ&オーナーさんたちであった。参加台数は正確に把握できていなかったのだが、15~6台くらいだっただろうか。他のお客さんたちも、物珍しさからか携帯で写真を撮りにくる人が多かった。

ASCII.jpの痛車記事でお馴染みのクルマが集まった! 正月なんて関係ナシ!

 また、お正月ということもあり、富士スピードウェイに来ている人全員に、焼きそばやモチ、おしるこ、そしてホッカイロが無料配布され、大行列ができていた。さすが、富士スピードウェイ。太っ腹である。しかも天気は快晴で、路面は完全ドライ! これ以上ない走行会日和だ。

もう誰がどこに並んでいるのかわかりません。早いモノ勝ちだったので、あとから来た人は残念ながらもらえなかったようだこれが本日の走行券。先導車付き体験走行会は、通常2000円で行なわれている

 そしていよいよ走行開始。続々とピットロードにクルマが入ってきたのだが、ここで驚かされたのは、普通の軽自動車や街乗りカーはともかく、ワンボックスキャンピングカーなども走るということ。普通ならば背の高いクルマなどは走れないのだが、この日は特別のようだ。また、同乗走行もOKなので、家族みんなで乗っているクルマもあった。

選手入場! 続々とコースインする痛車たち

 ピットロードを出発したら、先導車の後について、通称「カルガモ走行」。このとき、追い越しや危険運転は一切禁止されている。しかし、そこはサーキット。思い切り踏んでみたいのか、車間距離を大きく開けてアクセル全開で駆け抜けていく人の姿も。また、先導車は徐々にスピードをあげていくので、ついて行くのに必死だった人もいたようだ。

 走行会終了後の痛車オーナーたちは「ストレートでメーター振り切った!」「超キモチイ~!」「クセになりそう!」「これなら○万円くらいは払ってもいい!」「もっと走りたい! 走り足りない!」と、かなり満足度が高かったようだ。

 それじゃあ今度は先導車付きじゃない走行会で、走りませんか?

(参加車の写真は次のページから!)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社