このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第41回

瞳はキリリッ、毛並みはシャキーン! 猫写真は日差しがキモ!

2008年02月20日 00時00分更新

文● 猫写真家 荻窪圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
歩いていく猫がこっちを向いた瞬間をローアングルで。日差しのおかげもあって、孤高の勇姿って感じ(2007年11月撮影 オリンパス「E-510」)

 先週の「背景ぼかし写真」(関連記事)に使えば良かったー、と思わないでもない写真だけど、今回のお題は「」。背景がぼけてるのみならず、身体の真正面、顔の真横から秋冬の低い日差しがカーッと当たってて、毛がシャキッと写り、表情もキリッとしてる。別に怒ってるわけじゃなくて、たまたまこっちを向いて舌で口の周りをぺろっと舐めた瞬間なんだけど、日差しが直撃してるおかげですごくキリリと写ってるのだ。

 こういうときの猫ってケモノっぽくてカッコいい。

(2006年4月撮影 ソニー「Cyber-shot T30」)

 こちらはもうちょっと日が高くなった春の日差し。コンパクトデジカメだから背景はあまりぼけてないが、猫に日差しがきれいに当たってるおかげで、背景からうまく猫が分離してる。「晴れた日は日差しを考えて撮ろう」ってことだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART