このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第46回

「猫目線」だから見えた世界 α350で超ローアングル撮影に挑戦!

2008年03月26日 03時00分更新

文● 猫写真家 荻窪圭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ひなたっぼこ中の猫
日向に寝転がって気持ちよさそうに転げ回ってる猫。ライブビューがなければ、這いつくばるか、ファインダーを覗かずに勘で撮るしかなかった構図だ(2008年3月撮影 ソニー「α350」)

 前回(関連記事) に引き続き、α350の話をもうちょっと……というか、α350で撮った猫写真がまだたくさんあるので、せっかくだからもっと出しちゃえ的第2弾である。

 α350は前回書いた通り、ライブビュー機能が優れているうえに液晶ディスプレイがチルトするから、ハイアングルやローアングル撮影(特に超ローアングル)が得意なデジタル一眼レフである。ライブビュー機能に力を入れたために、エントリー向けデジタル一眼レフとしてはちょっと重めで、光学ファインダーのデキがイマイチ(特にファインダー倍率が低め)であるという欠点もあるけれども、その分ライブビューを駆使した今までの一眼レフでは撮れなかった写真が可能になった。そこがうれしい。

 今まで、こんな写真は“地面に寝ころばないと撮れなかった”からね。

 その上コンパクトデジカメに比べるとAFは速くて正確だし、画質も格段にいいのだ。意外に撮りづらい、「歩いてる猫を真横から」なんて写真も、ちょっとしゃがむだけで撮れる。

悠々と道路を横切る猫
悠々と道路を横切る猫をライブビューでしゃがんで撮影。後ろからせまってくるバイクが妙にリアル(2008年3月撮影 ソニー「α350」)

 止まってる猫もいいけど、歩いてる猫もまた、スタイルがよく分かるし、足の運びがなかなかオツなのだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART