このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

地下鉄開通80周年記念イベント 副都心線トンネルウォーク、新宿の地下を歩く!

2007年11月19日 23時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

歩くぜ! 副都心線!

 11月18日、地下鉄開通80周年を記念したイベントの第1弾として、運行を来年の6月開業を予定している副都心線の新宿三丁目駅から東新宿駅間のトンネルを歩く「副都心線トンネルウォーク」が開催された。
 本イベントは事前申込となっており、80組160人の募集枠に対し、約3000通の応募があったという。当選倍率は37.5倍! 運良く当選した80組160人のウォーカーたちが、集合場所の新宿三丁目駅の伊勢丹口改札付近にやってくると、通常は工事現場のため一般人は入ることの出来ない壁の向こうへの入り口がポッカリと開いていた。
 壁に出来た地下への入り口をくぐり、ヘルメットと軍手などがセットになった安全装備品を渡され、開業に向けて急ピッチで工事の進む現場へと続くゲート潜り、改札フロアへと案内された。

日頃は工事現場として通り過ぎるだけの場所だが、この日はポッカリと入り口が開いていた
入り口を入るとすぐにヘルメットの着用を促され、ヘルメット着用後、受付を行なった
参加者に渡された開通80周年記念ヘルメットとペンライト、歩数計、手袋などは、記念品として持ち帰りOK。東京メトロ太っ腹!!
副都心線の改札は、新宿の地下街からさらに1層下に建設中。階段を下りると手作りの「新宿三丁目」のプレートが参加者を待ち構えていた
改札フロアの通路で、諸注意などが参加者へ伝えられたのだが、注意事項の伝達までの間、自由に撮影などを楽しむことができた。中には工事資料などが壁に張り出され熱心に見入る人の姿も
この日歩く予定の区間の高低表、右が新宿三丁目、左が東新宿。高低差がかなりあるのだが……
うっかり撮影に熱中していたら、早くも置いていかれてしまった。迷路のような工事現場で迷子になったら恥ずかしいので、慌てて移動を開始。危なかった……
こちらが改札の設置される予定地。柱には完成予想図が展示されていた

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社