このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

東京レインボーウォーク開催! 東京オリンピック開催を目標に5000人が空中散歩!!

2009年03月03日 20時30分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「レインボーブリッジ」封鎖できました!

 2016年の夏季オリンピック開催地に立候補している東京都が、誘致活動の一環として、東京のシンボルにしているレインボーブリッジ

 レインボーブリッジは、1987年に着工され、6年間の工事を経て、1993年8月26日に港区芝浦と台場を繋ぐ全長798mのつり橋として開通した首都の大動脈の1つ。瀬戸大橋などと同じ上下2層構造で、上層部に首都高速道路11号台場線が通り、下層は、一般道の東京都道482号台場青海線とゆりかもめ、歩行者用通路の3つの交通方式が用意されている。

 そんなレインボーブリッジを、1993年の開通以来はじめて、イベント開催のために閉鎖して、歩行者によるウォーキングイベント「東京レインボーウォーク」が開催された。

 このイベントに参加するには事前申し込みが必要で、募集人数5000人に対し、2万人以上の応募があり、その当選倍率は4倍以上になっていたとのこと。5000人のウォーカーが歩いたコースは、スタート地点のお台場海浜公園からレインボーブリッジを往復し、潮風公園へまでの約7km。コースの高低差は約63mで、所要時間は約2時間ほどだった。

 参加者から「封鎖できないとおもっていました」という声もあった東京レインボーウォークに同行してきたので、その様子をご覧いただこう!

開催前にゆりかもめから臨む「レインボーブリッジ」。この日の朝の天候は、快晴とまではいかないものの、曇で風も微風だったため、無事開催の運びとなった。それにしても、まさかこの橋を歩くことができるとは感激だ!
ゆりかもめの青海駅を下車して、お台場海浜公園に向かう際に、首都高速道路湾岸線の上を越えるのだが、到着した時点ですでに台場線の通行規制が始まっていた
参加者5000人が、お台場海浜公園の砂浜に集結! 1000人ずつ5班にわけられて、ウォーキングの開始を待っていたウォーキングに参加した人に配られた、マフラーと手袋。色はオリンピックカラーの5色が用意されていた
わかりにくいと思うが、レインボーブリッジの上には緊急車両や案内人が集結しているお台場海浜公園の砂浜近くの入り江には、不測の事態に備えてなのか、アピールのためだったのかはわからないが、警察の巡視艇が集結していた
「東京レインボーウォーク」スタートセレモニーのテープカットが行なわれた。ちなみに、この日のイベントには、前ヤクルトスワローズ監督の古田敦也氏や、卓球少女としておなじみの福原愛さんなどが参加した
ウォーク開始。先頭は、ゲストと同イベント実行委員の面々がお台場海浜公園から、レインボーブリッジへと向かった

(次のページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社