このページの本文へ

IFA 2018レポート第2回

やっぱり出た! 有機ELに湾曲ディスプレーのXperia XZ3が発表!

2018年08月30日 23時45分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ついにベールを脱いだ「Xperia XZ3」

 ソニーモバイルは30日、IFA会期前のプレスカンファレンスにおいて、Xperiaシリーズの最新モデル「Xperia XZ3」を発表した。日本では今秋以降に導入予定。

 Xperia XZ2と違う点は、3D曲面の有機ELディスプレーを採用し、デザイン的にやや薄くなったこと。SoCなどのスペックは同じだが、ディスプレーは6型(1440×2880ドット)に大型化しアスペクト比は18:9。画面の両端が湾曲したことで、画面の左右端をダブルタップすると、触れた位置にアプリのランチャーを表示する「サイドセンス」というUIを新搭載している。時間や場所、使用頻度など、ユーザーに合わせて次に使うアプリをAIが予測し、最適なアプリやクイック設定項目を配置してくれるUIとなっている。

 カメラは2眼ではないが、リアカメラが1920万画素、インカメラが1320万画素とスペックアップしている。カメラUIもより直感的に撮影できる新しいデザインに刷新された。インカメラのF値は1.9と明るいレンズで、美肌加工や背景ぼけ撮影が可能なポートレートセルフィーモードを新搭載している。

 そのほか、スマートフォンを横向きに構えるジェスチャーをAIが認識して、簡単にカメラアプリを立ち上げることができる「スマートカメラ起動」といった機能も採用された。

 OSはAndroid 9(Pie)を最初から搭載。防水防塵機能やワイヤレス給電規格のQi対応などは、Xperia XZ2をそのまま踏襲する。カラバリは、ブラック、シルバー、ボルドー、グリーンの4色。

 のちほど、詳細なレポートを掲載する。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン