このページの本文へ

IFA 2018レポート第17回

ドイツ・ベルリン現地レポート

Whiskey Lakeは14nm++でAmber Lakeは14nm、Intelが新第8世代Coreのブリーフィングを開催

2018年08月30日 17時30分更新

文● 中山智 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Whiskey LakeとAmber Lakeの説明会が催された。

 Intelはドイツ・ベルリンで開催する「IFA 2018」に関連してプレス向けブリーフィングを開催。新たに正式発表となったモバイルPC向けの第8世代Coreシリーズ、Whiskey LakeとAmber Lakeについて説明があった。

 プレゼンテーションにはまずIntelのMobile GM of Mobile Inovation SegmentのJosh Newman氏が登壇。最近のモバイル市場、特にクリエイティビティーの分野では新しいパフォーマンス要件を満たすノートPCが成長しているとのこと。新しい2つのモバイルPC向けプロセッサーは、「パフォーマンス」や「コネクティビティー」、「バッテリー」、「フォームファクター」という4つの要素でその分野に貢献できるという。

IntelのMobile GM of Mobile Inovation SegmentのJosh Newman氏。
モバイルPCにもパフォーマンスを求める市場が成長している。
新しいCPUが貢献する4つの要素。

 続いてIntelのVice President and General Manager of Mobile Product MarketingのRan Senderovitz氏が登壇し、今回発表されたプロセッサーについて解説した。今回発表されたのは、低電圧版のUシリーズにあたる「Whiskey Lake」と超低電圧版のYシリーズにあたる「Amber Lake」だ。

IntelのVice President and General Manager of Mobile Product MarketingのRan Senderovitz氏。

 Whiskey Lakeに関してはCPUコア部が14++nmのプロセスルールで設計されており、統合PCHがアップデートされている点を明かした。ポイントは3つあり、ひとつめはUSBは3.1に対応して最大10Gbpsでのデータ転送が可能になったということ。そして、2つめがWi-Fiコントローラーを実装し、低コストかつ省電力でWi-Fi機能が実装できるようになった。

Whiskey Lakeのアップデートポイント。

 3つめのポイントはオーディオDSP機能の強化。SkylakeのPCHではデュアルコアだったが、Whiskey Lakeではクアッドコアとなっており、音声入力に関する処理がより高速かつ省電力で行なえるようになった。

 Senderovitz氏はこの機能強化の効果として、音声入力によるアシスタント機能を挙げており、AmazonのAlexaとMicrosoftのCortanaを同時に稼働させ、それぞれをすぐに呼び出すといった使い方を提案。モバイルノートPCでもバッテリーを気にせず気軽に音声入力アシスタントを使えるわけだ。

音声入力処理への対応が強化ポイントとなっている。

 これらの機能アップにより「第7世代Coreに比べて性能は50%向上している」とSenderovitz氏は説明している。

 一方で、Amber Lakeに関してはSenderovitz氏からあまり言及はなく、目立った強化ポイントはTDPが5Wになったことぐらい。プレスからの質問には、プロセスルールは14nm++ではなくKaby Lakeと同じ14nmである回答。基本的にはSkylake-YやKaby Lakeのマイナーチェンジと考えて問題はなさそうだ。

 なお、ブリーフィング会場では各PCメーカーのWhiskey Lake及びAmber Lake採用PCが多数展示されてあったので紹介する。

HPはENVYシリーズでWhiskey Lake採用モデルをリリース。
Whisley Lake採用PCが多い中、Amber Lakeを搭載していたDellのXPS 13 2-in-1。
XPS 13 2-in-1のシステム情報。
DellのInspiron 7386もWhiskey Lakeを搭載。
Whiskey LakeのASUS ZenBook Sを使って、音声入力のデモが行なわれていた。

■関連サイト
Whiskey Lake&Amber Lakeの製品紹介ページ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中