このページの本文へ

一般的な暗号通貨用の170分の1、わずか8MBのメモリーで動作

Keychain、世界最小のブロックチェーン認証セキュリティーソフトを開発

2018年02月20日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Keychainのブロックチェーン認証技術

 Keychainは2月15日、ブロックチェーンを活用した世界最小のIoT認証セキュリティーソフトを開発したと発表した。IoTデバイスでの実装を目標に開発している。

 現在一般的なIoT向け仮想通貨用プログラムとしてはIOTAと呼ばれるソフトウェアがあるが、新たに開発したソフトウェアはIOTAの170分の1にあたる8MBのメモリーで動作。Raspberry Pi Zero(メモリー512MB)でも動作し、すでに経済産業省、NEDO、IoT推進ラボにデモンストレーションしたという。また、同社ではさらに小さなIoTデバイス(64MB)でも動作するとしている。

Raspberry Pi Zero

 マシン・デバイスごとのIdentity生成・管理、End-to-end暗号化通信、デジタル署名とその更新台帳の保持、デバイスキーの更新など各種セキュリティー機能を持ち、1デバイスあたり100取引/秒というリアルタイム性も持つ。OSはLinux/Windows/Android/iOS/RTOSに対応。

■関連サイト

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談