このページの本文へ

「情報セキュリティ10大脅威」発表、1位はクレジットの不正利用

2018年02月13日 18時55分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 情報処理推進機構(IPA)は1月30日、「情報セキュリティ10大脅威 2018」を発表した。IPAが選出した脅威候補から情報セキュリティー分野の研究者、企業の実務担当者など「10大脅威選考会」が審議・投票をしたという。

 個人では「あなたのスマホが感染しています」など偽の脅しで、製品購入などに誘導する偽警告は昨年ランク外だったが、今回新たにランクイン。組織ではビジネスメール詐欺、公知となる脆弱性の悪用増加、セキュリティー人材の不足は昨年ランク外だったが、今回新たにランクインしている。

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談