このページの本文へ

発見!Steamおすすめのゲーム ― 第35回

好きなことで、生きていけない人生シミュレーター『Youtubers Life』:Steam

2016年06月10日 18時00分更新

文● 篠原修司 編集●ジサトラアキラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCゲームのダウンロード販売サイト『Steam』から、面白いゲームを発掘して紹介するレビュー連載。第35回は、人気YouTuberになってその成り上がり人生をシミュレートする『Youtubers Life』を紹介する。

 Steamには農業やら掃除人やらイロイロなシミュレーターがあるが、まさかYouTuberをシミュレートするものが出てくるとは思わなかった。わざわざシミュレートしなくても実際にやってみれば良いのでは?

 それともYouTuberをシミュレートするゲームをYouTuberに実況プレイさせ、それをYouTubeにアップロードして二重のシミュレーションを楽しんで欲しいのだろうか。なんだそれは、面白すぎるぞ。

 突っ込みどころはたくさんあるものの、かく言う私もYouTuberでね(ホントです)。このレビューでは実際のYouTuberの生活とゲームのYoutubers Lifeの違いも紹介していこう。

主人公は世界一のYouTuber!

 Youtubers Lifeは、世界で最も有名なYouTuberとして成功したYouTuberがその成り上がり人生を回想していくところから始まる。つまりゼロからのスタートだ。

これは成功したYouTuberのストーリー

 自分の代わりとなるアバターを作成し、チャンネル名を決めたらYouTuberとしての人生を始めよう。なお、Youtubers Lifeは早期アクセスゲームのため、現在は“ゲーム実況プレイ”のビデオしか制作できないようになっている。

今のところ選べるのはゲーム実況だけ

 クッキングやファッションの動画で人気者になることはできない。まあこんなゲームを買う人間はゲーム実況プレイさえあれば問題ないかもしれない。そう、君が未来のPewDiePie(ピューディパイ)なのだ!

※PewDiePie……ゲーム実況で年収ウン億円を稼ぐ海外の人気YouTuber

ゲームを選んでレッツ実況プレイ!

 YouTuberになるためには、まずは動画を作らなければ始まらない。つまりやることはひとつ。ゲームの実況プレイ動画を撮るのだ。

 棚から自分がもっているゲームを選び、それをパソコンでプレイしよう。ちなみに主人公は最初からマイクとウェブカメラで顔出し&声出ししている。さすがNo.1になるYouTuberはその辺の恥ずかしがり屋とは違うな!

ソフトを選んでプレイしよう

 実況プレイ動画をどのようにするかは、ゲームのシーンに合わせてどんなリアクションを取るかを所有しているリアクションカードのなかから選ぶことで決定していく。まだ作り始めたばかりでレベルの低いうちはカードの種類が少なく、ロクなリアクションが取れないところが微妙にリアルだ。

どんなリアクションを取るのかを決める

 そして最後のシーンまでリアクションを選びおわったら、編集モードへと移る。編集モードでは各シーンをジグソーパズルのように組み合わせ、パズルがうまく噛み合うと動画の面白さがアップする仕組みになっている。

シーンごとにパネルを組み合わせる

 面白くない動画はエフェクトをかければクオリティが上がり、それに応じて評価もあがる。すべての入力を終えると制作した動画の評価が表示され、それに応じて主人公もスキルアップしていく。

制作した動画の評価を見ながらアップするかしないか決めよう

 もちろん実際の編集はこんなカンタンなものではなく、シーンを細かく再生しながら不要な音声を削除したりカットしたりと大変だ。10分の動画をつくるのに2時間かかることもザラだし、何より自分の声を延々と聞き続けないといけないのがつらい。

エンコード中にほかのことをやれ!

 編集がおわったらすぐにアップロード、なんてことはない。Youtubers Lifeでは動画のエンコードとアップロードにそれぞれ数時間かかるよう設定されている。そしてエンコード中はパソコンを触ることはできない。ゲームができないのだ。

エンコードとアップロードには時間がかかる

 だからそのあいだにご飯を食べたり睡眠を取ったり勉強したりしよう。とくに学校に通っていないとお母さんから怒られるので勉強は重要だ。これはどこの国も変わらないな!

ご飯は深夜に冷蔵庫の前で立ちながら

 ほかにもお金がないときは余った時間でバイトすることもできる。始めたばかりのYouTuberというのは本当に悲惨で、数時間かけてつくった動画の報酬が10セント。つまり時給数円レベルというのが当たり前だ。

 もちろんコレはやり方によって少しは変わるのだが、時給がバイトを上回るレベルになるのはかなり後のこと。1万5千人のチャンネル登録者を抱える筆者でも時給はあまり考えたくない。ぶっちゃけこういうレビューを書いていたほうが儲かる。

 そんなわけでゲームを購入したりPCをアップグレードしたりするために必要な資金は働いて稼ごう。お金を使うところはもちろんネットショッピングだ。

より良いスペックでより良い動画を!

新しいゲームをプレイしよう

 これは実際のYouTubeでも同じだが、プレイするゲームは新しく、なおかつ人気があるものが良い。

 新作や人気のあるゲームであればあるほど世間の注目が高く、見てくれる人が多くなる。人気があるゲームをやればバイトせずともお金が入ってくるようになるため、ゲーム内の通販サイト“amazing on”のレートやランキング推移を見ながら人気の出そうなゲームに稼いだお金を費やそう。

どう見てもAmazonです、本当にありがとうございました。

 そう、決して自分の好きなゲームをプレイすることにこだわってはいけない。世界一のYouTuberになるんだろう? だったら自分を殺して人気のゲームをやるのだ。好きなことで生きていくにはある程度嫌いなこともやらないといけないのである。

今人気のゲームをやろう

 そしてYoutubers Lifeでは好きなゲーム以外にもやるべきゲームがある。それは友達が「このゲームの実況プレイをしてくれよ!」と頼んでくるゲームたちだ。大抵は人気作品だが、なかには人気のないものもある。しかし、これはやるべきである。

 なぜなら な ぜ か 友達がそのゲームを無料でくれるし、さらに期日までにアップロードすればお金まで貰えてしまうのだ。……ステマか? きっと友達はこのゲームのメーカーからマーケティング費用を受け取っているに違いない。

家を出てからが本番!

 そんなこんなでお金を貯めつつチャンネル登録者数を増やしていくと、1万人あたりで引っ越しをする機会がやってくる。

引っ越すと家賃が必要になる

 引っ越しをするとインターネット回線が増強される代わりに、食事をするのも家に住むのにもお金がかかるようになる。親元を出るのだから当たり前だな。その代わり、勉強はナシだ! もううるさいママはいない!

その代わりもうママに怒られることはない
引越し先の部屋はキレイ
ここでもっと良い動画を作るべし!

「YouTuberとして成功するにはリスクを取って人生の全てを捧げるしかない」。筆者はそう誓って引っ越しをしたのは良いが、その後パソコンをアップグレードするために買い物をしまくったあとに、月末の支払い&パソコンが壊れて修理費用が必要な状況に陥ってしまい手詰まりになった(働けば返せないこともない)。

借金こしらえた状態でパソコンが壊れてお手上げ

 現実もシミュレーションも厳しいものですね。。。ご利用は計画的に。

 ちなみにこんな筆者のYouTubeチャンネルはこちら → KiDDのゲーム実況プレイ - YouTube。登録してネ!

Youtubers Lifeの推奨動作環境は?

 システム要件にGeForceのVRAM512MB以上とあり、インテルCPU内蔵GPUでも十分に動く軽量なゲーム。

 Core i7-3770(3.4GHz)、GeForce GTX960を搭載するゲーミングPCなら、フレームレート上限の60fpsに張りついた。

『Youtubers Life』
●U-Play online
●1480円(2016年5月18日リリース) ※価格は記事掲載時点のものです
対応OS Windows、Mac
ジャンル 独立系開発会社、シミュレーション、ストラテジー、早期アクセス

■著者:篠原修司
・Steamのプロフィールページ:Steam コミュニティ :: KiDD
・Twitter:@digimaga

■関連サイト

Steam入門記事まとめ
ジサトラ×アスキー Facebookページ
ジサトラにご意見募集中!

カテゴリートップへ

この連載の記事

facebook

お便り募集

入門記事まとめ

メンバー紹介

  • カクッチ

    カクッチ

    スプラッター・ホラー系FPSが大好物のドS系ボス。使用PCパーツは当然最上位

  • アキラ

    アキラ

    MOBAやRTSなどeスポーツタイトル好き。ミドルレンジのPCパーツで最適解を探る

  • つばさ

    つばさ

    ゲーム動画担当。CPUの端子を素手で触るという豪快さに一抹の不安が残る自作超初心者

  • イッペイ

    イッペイ

    大紅蓮丸や大風連丸などムチャな自作ならこの人。MMORPGはぼっちでがんばる

  • ハッチ

    ハッチ

    2次元を追求する“VRアダルティスト”。アーケードゲームにも造詣が深い

  • マツノ

    ショータ

    FF14やPSO2を現役でプレイし続けるMMORPG好き。控えめに見せかけて実は辛辣

  • キタムラ

    キタムラ

    日課はアキバのパトロール。自作パーツの掘り出しものを見つけるのが生きがい