このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第209回

Fire TV StickでAmazonの「プライム・ビデオ」を楽しみまくる技

2015年11月11日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月末に、Amazonの「プライム・ビデオ」を視聴できる「Amazon Fire TV」と「Amazon Fire TV Stick」が発売された。筆者はせっかくAmazonのプライム会員なのだから、ということで早速購入。今回は、Fire TV StickでAmazonの「プライム・ビデオ」を楽しみまくる技を紹介しよう。

また新しい見放題の動画配信サービスが登場。しかし、Fire TV Stick&Amazonプライムビデオは一味違う!?

HDMIにつなげるだけの「Fire TV Stick」

 2015年9月からAmazonプライムビデオサービスがスタートした。日本や海外の映画やテレビ番組、アニメなどを多数配信する映像サービスで、Amazonのプライム会員は追加料金なしに見放題と太っ腹。そこで、リビングのテレビでも楽しむために、視聴デバイスを購入することにした。Apple TVのようなボックスタイプもあるのだが、1万2980円とそこそこの値段。そのため、安価なスティック型にした。

 「Fire TV Stick」は大きめのUSBメモリーのような端末で、テレビのHDMI端子に直接接続して利用する。リモコンとセットで、価格は4980円とお手頃だ。電源は付属のUSB&アダプターでコンセントにつなげる。テレビのHDMI端子が狭いなら、延長ケーブルを使って、設置方向を変えることもできる。

 ちなみに、「Fire TV Stick」の音声認識リモコン付きは6480円。筆者はあまり音声認識機能を使わないので、無しタイプを選んだ。ちなみに、「Fire TV」はメモリーがStickの倍となる2GBを搭載しているうえ、音声認識リモコンも付いている。無線LANが超高速な.11acに対応しているのもいい。

コンパクトな箱に、本体、HDMI延長ケーブル、USBケーブル、USBアダプター、リモコン、リモコン用の単4乾電池2本が入っている
本体サイズは84.9x25.0x11.5mm、重量は25.1gとコンパクト付属のリモコン。これは音声認識機能なし
付属のUSBケーブル&USBアダプターで電源をつなぐHDMI延長ケーブルをつけたところ

アカウント情報を登録済みなので手間が省ける

 本体をテレビに接続し、USBアダプターをコンセントに挿せば電源が入る。まずは無線LANに接続。「Fire TV Stick」は802.11a/b/g/nに対応しており、WPSボタンでの接続もできる。5GHz帯も4チャンネルのみだが接続可能。ネットに接続すると、自動的に最新のファームウェアにアップデートされる。その後、アカウントの設定画面が開くのだが、なんと購入した時のアカウントが設定されている。これは手間が省けるので非常に嬉しいところ。さすがAmazon。

 チュートリアルが終わると、「機能制限」の設定画面が開く。ビデオの再生や課金をする際に、PINの入力を求められるのだ。子供がいる家庭の場合、勝手に操作されないように設定しておいてもいいだろう。これで準備完了だ。

電源を入れると、画面が表示されるので、再生ボタンを押す言語を選択する
なにはともあれ、無線LANに接続。WPSに対応しているSSIDを選択し、暗号化キーを入力することもできる
ネットに接続すると、自動的に本体のアップデートが始まる初期設定で、ユーザー情報が登録されているので、IDやパスワードを入力手間が省ける
チュートリアルが始まる。駆け足だが、この手のデバイスが初めての人にもわかりやすい機能制限の有無を設定する。子供がいる家庭では設定しておこう

次ページでは、「大量のコンテンツを見放題! ラインナップはまだ少し弱いか

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART