このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第207回

ピークとポップを使いこなす、iPhone 6sの3D Touchを活用する技

2015年10月14日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
画面を押し込むと、メニューがポップアップする!

 iPhone 6s/6s Plusの目玉機能である3D Touch。iPhone初となる機能で、インパクトは絶大。使ったことがないと、どんな機能なのかさえ、わかりにくいと思う。そこで、今回はiPhone 6sの3D Touchを活用する技を紹介する。iPhone 6s/6s Plusユーザーは自慢のネタにしてほしいし、購入を迷っている人の背中を押せればうれしいところだ。

写真を押し込むと3秒間だけ動き出すのがすごい

 iPhone 6s/6s Plusには、画面を押し込む操作が可能になる感圧センサーが搭載されている。「3D Touch」と名付けられたことの機能は、タップや長押しとは異なる新感覚の操作方法を実現した。画面をタッチしてさらに押し込むことで、メニューが表示されたり、指定された動作が実行されるのだ。ちなみに、押し込む力は2段階設定されており、1回目が「ピーク」、2回目が「ポップ」と呼ぶ。

 例えば、テレビCMでも紹介されている「写真」アプリでは、写真のサムネイルを「ピーク」すると3秒間動画として再生される。「Live Photos」機能で撮影した写真に限られるが、このインパクトは大きい。iPhone 6sの見た目や機能はiPhone 6とほぼ変わらないが、「Live Photos」と3D Touchの組み合わせを見せた時に一番驚く人が多い。サウンドも記録されているので、ペットや小さな子供がいる人はもちろん、BBQなどのイベント時などは「Live Photos」でたくさん撮影しておくことをお勧めする。

画面を軽く押すのが「ピーク」、さらに深く押し込むと「ポップ」操作となる
写真のサムネイルを「ピーク」すると、撮影の前後1.5秒間がサウンド付きで再生される
「ポップ」すると、これまでのように写真が開く。動画は再生されない

長文入力時のカーソル移動が超絶便利になる

 iPhoneで長文を入力しているときに、文章の途中に文字を追加したり、誤字を修正したくなることがある。修正したい個所をタッチするとカーソルを移動できるのだが、筆者のように太い指だと、なかなかすっと位置が決まらずに手間取ってしまう。

 iPhone 6sならそんな時も、キーボードを「ピーク」することで、楽にカーソル移動できるようになる。「ピーク」すると、キーボードの文字が消えるので、そのまま指を動かすとカーソルが画面上を自由自在に動き回る。カーソル位置を指で押すのと違って、現在位置を視認しながら細かく動かせるので、一発で移動できるというわけだ。

 iOSのキーボードであれば、テンキータイプでもQWERTYキーボードでも利用できるが、ATOKなどのサードパーティー製キーボードでは動作しない。

 また、キーボードの文字か消えている状態で、さらに押し込むと「ポップ」になり、文字を選択できる。最初は10回に1回くらいしか成功しなかったが、「ピーク」してキーボードの文字が消えたら、少し力を緩めるのがコツだ。指を離さなければ「ピーク」状態は維持されるので、その後もう一度画面を押し込むと「ポップ」になる。すると、文章の選択モードになるので、指をスライドさせて任意の範囲を選べばいい。

キーボード部分をピークする
キーボードの文字が消え、カーソルを自由に動かせるようになる
狙った場所にカーソルを移動できた。指を話すと、キーボードが元に戻る「ポップ」すると、文字列を選択できる

次ページでは、「ちらっとプレビューを表示するのも手間が省ける

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART