このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第210回

海の中だって自撮り棒、海底でもiPhoneで自撮りするワザ

2015年12月02日 13時10分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 海底での作業中に自分を撮影したいこともある。一緒に潜る人もみんな仕事中なのに、カメラを渡して撮ってもらうのも気が引けてしまうので、可能であれば自撮りしたい。とは言え、カメラを自分に向けて腕を伸ばしてもたかが知れているので、やっぱり陸上のように自撮り棒で撮影したい。そこで、今回は「海底でもiPhoneで自撮りするワザ」をご紹介する。

水深10mまでOKのスマホケースと自撮り棒で、海底でも自撮りできる!

水深10mまで使えるスマホケースと水深100mまでOKのLEDライト

 スマートフォン用の防水ケースはたくさん売っているが、そもそも水中での使用はNGというものがほとんど。たまに水中OKのケースもあるが、水深3~5m程度が多い。水深5mでは、素潜りでも超えてしまう。プールでは使えるかもしれないが、もうちょっと深いところで仕事する時には使えない。筆者は海底熟成庫でウイスキーやシャンパンを熟成させているので、毎月のように潜っており、かねてから海底で自撮りしたいと思っていた。(「海底で仕事する時のビジュアルメモに最適なコンパクトデジカメを活用する技」参照)

 そこで見つけたのが「ディカパック アクション(DiCAPac ACTION)」。スマホサイズに合わせて、2サイズが用意されており、どちらもJIS IPX8対応で水深10mまでOKだ。さらに、専用の「防水セルフィースティック」までラインナップしている。今回、ディカパックシリーズの日本の総輸入発売元である大作商事から商品をお借りできた。

 撮影するのはスマホはiPhone 6なので、「ディカパック アクション」の「C1A」タイプをお借りした。サイズは約96×160mmで重量は48g。ネックストラップや乾燥剤、クリップも同梱されている。大きめサイズの「C2A」は約105×172mmで、iPhone 6 Plusなどもはこちらを利用する。

 また、大作商事が製造販売まで手掛ける「ナイトスターJP」という発電式のLEDライトもお借りしたので一緒に海底に持っていった。こちらは水深100mまでOKという製品だ。

「ディカパック アクション」の「C1A」。直販価格は両サイズともに4298円
「防水セルフィースティック」の直販価格は5378円
「ナイトスターJP」はAmazonで8618円

次ページでは、「海中では画面の操作ができないし電波も飛ばない

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン