このページの本文へ

1万円以内の4K/HDR端末

4K/HDRに対応した新「Fire TV」が発売

2017年09月28日 19時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
1万円以内で4K/HDR生活が始められる新「Fire TV」

 アマゾンジャパンは9月28日、「Fire TV」の新モデルを発売した。価格は8980円で、出荷開始は10月25日を予定しているという。

 デザインが一新され、4Kに加えて新たにHDRに対応。CPUには「Amlogic Quad-core 1.5GHz」(ARM 4xCA53)を採用、メモリーは2GBで「Fire TV Stick」よりも性能を40%強化したとしている。内部ストレージは8GBで、Wi-Fiは802.11ac対応のデュアルバンド。サイズは幅65×奥行き65×高さ15mm、重量は87.1g。

 Amazon Fire TV担当 ヴァイス・プレジデントのマーク・ウィッテン氏は「4K Ultra HDとHDRに対応した最高画質の映像を楽しめる製品をお手ごろな価格でご提供することを目指しています」とコメントを発表している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART