このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

月刊 格安SIM王 ― 第7回

余ったパケットを贈り贈られ!? うれしい新機能「パケットギフト」もじっくり解説

iPhone 6sでも使える! mineoドコモプランの申し込み&使い勝手を検証

2015年10月09日 11時00分更新

文● 正田拓也 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ついにmineoでもiPhoneを気兼ねなく使い倒せるときが来た!

mineoのDプランはスマホ選び放題!?

 満を持して登場したmineoのDプラン。NTTドコモのネットワークを利用することもあり、選べる機種が一気に広がった。今回は実際に加入してその使い勝手を試してみたので、気になる人は参考にしてほしい。

mineoはドコモとau、2つのネットワークを選べるマルチキャリアサービスとなった。個人向けでは最もスマホ選びの幅が広い格安SIMサービスになったと言える。ちなみに、送られてくるSIMはネットワークによって色が違うようだ(左のピンクがドコモ、右のブラックがau)

ドコモネットワーク採用で、iPhoneの対応も一気に進んだ

 ドコモのネットワークを利用するDプランでは、ドコモのスマートフォンをはじめ、一般的なSIMフリー機を幅広く使うことが可能になった。

 従来のAプラン(auネットワークを利用)においても、auのLTE対応スマートフォンそして一部のSIMフリースマートフォンは利用可能だったが、一般的なSIMフリースマートフォンではauネットワークの周波数帯とその周波数帯のサービスエリアのマッチングに難があり、“ドコモネットワーク+SIMフリー機”の場合と比べて、使い勝手に差が生じていた。

 また、iOS端末ではiOS 8になった一時期、mineoのAプランの利用が不可能になった。その後、この問題は一部を除いて解消されているが、依然としてiOS 8以降を搭載したiPhone 5/5sは、au版、SIMフリー版を問わずmineoのAプランでの正常動作を確認できていない。

 この状況を打開したのが、新たに登場したDプラン。ドコモのネットワークを利用しているため、市場に広く出回っている多種多様なドコモ対応のスマートフォンを利用できる。iPhone 6s/6s Plusもドコモ版、SIMフリー版共に動作確認が取れており、唯一の弱点とも言えた“mineoでiPhone”という組み合わせにも不安はなくなった。

 もちろん、AプランでもiPhone 6s/6s Plusのデータ通信や音声通話の動作確認は取れているが、テザリングのみ×という部分で差が出たようだ。

iPhone 6s/6s Plusでも使用可能!

SIMロック解除で利用がさらに広がる

 Dプランの開始に加えて、2015年5月以降に発売されたスマートフォンにSIMロック解除が義務付けられたことで、mineoで利用できるスマートフォンが今後、一層大きく増える可能性がある。

 ドコモ対応機のみならず、SIMロック解除したソフトバンク対応のスマートフォンまで利用できる可能性が生まれるからだ。当然、そのラインナップには先頃発売されたiPhone 6s/6s Plusも含まれる

 auやソフトバンクのiPhone 6s/6s PlusのSIMロック解除は半年後からになりそうだが、ドコモの場合、契約回線でSIMロック解除の実績次第では、iPhone 6s/6s Plusの機種変更購入直後からSIMロック解除が可能。

 もっとも、mineoのDプランの場合はドコモ回線を利用しているため、ドコモ版のiPhoneであればSIMロックの有無は関係なく利用できる。もちろん、同じようにmineoのAプランの場合はau回線を利用しているため、au版のiPhoneであればSIMロック解除なしで利用できる。

 そして、iPhone以外の人気機種も対象だ。ソフトバンク対応機や、通信規格さえ合えばau対応のスマートフォンも利用できる可能性が広がってくる。

Dプランを選べば、ドコモ対応の人気スマホが選び放題!

実際にmineo Dプランを申し込んでみた!

 というわけで、mineo Dプランの申込をさっそく行なってみた。加入方法は豊富で、新規契約はもちろんのこと、MNPを使って電話番号を変えずに乗替えできるし、mineoのAプランからDプランへの変更もOKだ。

 いずれもAプランと手続方法は同じ。MNPの場合は「MNP予約番号の有効期限が10日以上」と案内されているため、MNP予約番号をゲットしたら即申し込むつもりでMNP予約番号を取得する必要があることに留意するくらいか。

 うれしいのは、Aプランと同様に新しいSIMが手元に届いてから切替を申し込む方式となっていること。そのため、電話番号が使えない期間は約1時間まで短縮されているので、躊躇なく申し込める。ただし、Aプランと異なり、切替の申込は電話でコールセンターの担当者に口頭で依頼する方式をとる。コールセンターの混雑時は少し時間がかかることを覚悟しておきたい。

申し込みはmineoのページから。すでにmineoの回線契約があればeoIDを使って契約可能だ
エントリーコードは、開通パッケージを家電店などで購入した場合に付いてくる。開通パッケージの代金は初期費用を兼ねており、パッケージのコードを入れれば初期費用は請求されないプランを選択する。ドコモネットワークは「Dプラン」、音声通話付きは「デュアルタイプ」、あとは高速通信容量を選ぶ
SIMカードのサイズを3タイプから選択する。iPhoneは5以降すべてnanoSIMだMNPの場合は予約番号、電話番号と、予約番号の有効期限を入力する。郵送でSIMが送付されるため、余裕が必要。MNP予約番号を発行されたら即加入するくらいがよいだろう
プランと月額費用を確認する支払い方法を確認する。すでにmineoの契約があれば、同一カードで支払い可能
本人確認書類をアップロードする。有効な運転免許証の撮影画像などを用意しておけば大丈夫だ最後の確認をすれば、後は郵送でSIMが届くのを待つだけとなる

 申込が完了したら、今度はSIMが届くのを待つ。通常は2~3日で届き、筆者も3日で届いた。この間、MNP元の回線はそのまま利用可能。届いてからコールセンターに電話して切替を依頼すると、電源を切って待っているように指示された。指示通り1時間後に新しいSIMを入れたスマートフォンの電源を入れると、すでにDプランの回線として利用可能となっていた。

 なお、mineoのAプランから変更する場合も、DプランのSIMカードが届いた後、コールセンターに電話して切替を依頼する。電話番号が使えない時間は他社からのMNPと同等だ。

 プラン変更に関しては、2015年8月17日以前に加入しているユーザーであれば、2015年10月31日までの申込で手数料が無料となるキャペーンを実施中だ。

(次ページでは、「ドコモ向けiPhone 6sでmineoのDプラン SIMは使えるか!?」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART