このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2015レポート ― 第28回

Lian-Liが新型ケースをCOMPUTEXで展示、水冷もチラ見せ

2015年06月09日 10時03分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEXで数多くの新ケースを展示していたLian-Li。なかでも気になった製品をいくつか紹介しよう。

あの机型PCケースの新作
今度は膝がぶつからない!

 机型PCケースとして話題を呼んだ「DK-Q1」シリーズ。その後継機が「DK-Q2X」と「DK-03X」だ。

COMPUTEXのLian-Liブースで注目を浴びていた机型PCケース「DK-03X」

 従来の「DK-Q1」シリーズは、PCを収納する部分の厚みがかなりあるため、大柄な人が座ると膝がぶつかってしまう可能性があった。そこで新作ではビデオカードなどの拡張スロットを横に寝かすことで厚みを薄くし、膝がぶつからないようにしている。

ATXとMini-ITXのマシンをそれぞれ1枚収納可能な「DK-03X」。VGAを水平方向に配置することで高さを低く抑えている裏配線が可能となり、見た目もスッキリするようになった

 「DK-Q2X」にはATXマザー1枚を、「DK-03X」にはATXマザー1枚とMini-ITXマザーを1枚収納可能だ。7月発売予定で、予価は税抜きで「DK-Q2X」が15万円前後、「DK-03X」が18万8000円前後とのこと。

Mini-ITXのマシンを使用しない場合は、その部分を収納ボックスとして使用できるこちらは「DK-Q2X」。引き出しが廃止されているため、PCを入れる場合は天板の強化ガラスを外す必要がある

平行四辺形のPCケース
「PC-Q17WX」

 ASUSのゲーミングブランド「R.O.G.」シリーズの認証を取得したMini-ITXケース。コンパクトなケースながら、奥行き150mmまでのATX電源と、長さ270mmまでのビデオカード、スロットインタイプの光学ドライブを搭載できる。9月上旬発売予定で価格は未定。

平行四辺形のPCケース「PC-Q17WX」。「R.O.G.」シリーズのカラーと模様、マークが配されている。天頂部には水冷用ラジエーターを搭載でき、そのためのホース穴も用意されている

ガンダムを意識したアルミケース
「PC-18A」

 開発者が、ロボットのような外観を意識したというATXケース「PC-18A」。最大の特徴は水冷用の360mmラジエーターをケース側面に搭載できることだ。

ロボットのような外観を意識したというATXケース「PC-18A」(シルバー)と「PC-18B」(ブラック)

 高さ160mmまでのCPUクーラーと長さ400mmまでのビデオカードを搭載できる。シャドウベイは3.5インチ×4、2.5インチ×4で、筐体サイズは210(W)×490(D)×250(H)mm。発売日と価格は未定。

ケース左側面に水冷用ラジエーターを搭載できる

取っ手付きケースの後継
「PC-TU300A」

 持ち運び用の取っ手がついたMini-ITXケース「PC-TU200A」のMicro ATX版が、この「PC-TU300A」だ。筐体サイズは218(W)×442(D)×384(H)mm。予価は3万円前後で発売日は未定。

取っ手付きのMicro ATXケース「PC-TU300A」
ただ大型化しただけでなく、天部にラジエーターを搭載できたり、フロントにUSB3.0端子を搭載するなど、今風の改良が施されている

→次のページヘ続く (開発中のケースと水冷をチラ見せ

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中