このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2015レポート ― 第27回

COMPUTEXのinno3DブースでGTX 980 Ti鬼冷却仕様を確認

2015年06月08日 12時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2015のinno3Dブースで見つけたのが、合計4基の冷却ファンが搭載されたGeForce GTX 980 Tiビデオカード「iChill Geforce GTX 980Ti X4 Ultra」など3モデル。いずれも、日本発売が予定されている製品ばかりだ。

「iChill Geforce GTX 980Ti X4 Ultra」

 「iChill Geforce GTX 980Ti X4 Ultra」は、3スロット厚のInno3DオリジナルVGAクーラー「HerculeZ X4 Air Boss」を採用するGeForce GTX 980 Ti搭載ビデオカード。3連ファンに加え、側面にも50mmファンを追加したド派手ないでたちが特徴だ。

 主なスペックは、コアクロック1000MHz→1152MHz、ブーストクロック1075MHz→1241MHz、メモリークロック7010MHz→7200MHz。GDDR5 6GBのビデオメモリーを搭載し、補助電源コネクターは8ピン+6ピンで、出力インターフェースはHDMI/DisplayPort×3/Duallink DVI-I。

3連ファンに加え、側面に50mmファンを追加した3スロット厚モデルだ

 「iChill GF GTX 980Ti Black」は、空冷・水冷ハイブリッドクーラー「Accelero Hybrid S」搭載モデル。CPU用の水冷キットと併せて導入すれば、容易にデュアル水冷化が可能となる。

 主なスペックは、コアクロック1000MHz→1206MHz、ブーストクロック1075MHz→1304MHz、メモリークロック7010MHz→7280MHz。水冷仕様だけにオーバークロック設定も高めだ。

空冷・水冷ハイブリッドクーラー搭載モデル「iChill GF GTX 980Ti Black」

 「iChill GF GTX 980Ti X3 Ultra」は、3連ファン採用のスタンダードモデル。厚さ2スロット仕様で、取り回しも比較的容易。他社製に比べて価格も安めに設定される場合が多いので、登場を期待するユーザーも多いだろう。

 主なスペックは、コアクロック1000MHz→1152MHz、ブーストクロック1075MHz→1241MHz、メモリークロック7010MHz→7200MHz。GDDR5 6GBのビデオメモリーを搭載する。

3連ファン採用のスタンダードモデル「iChill GF GTX 980Ti X3 Ultra」

※お詫びと訂正:記事初出時に、ビデオメモリー4GBとありましたが、正しくは6GBになります。記事を訂正してお詫びします。

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中