このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2015レポート ― 第26回

発売が待ち遠しいSilverStone製Micro ATXケース「TJ08-PRO」

2015年06月08日 12時06分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2015のSilverStoneブースでは、4月に日本で行われたイベントで公開されたMicro ATXケース「TJ08-PRO」の展示が行なわれていた。9月以降の発売に向け、準備は順調なようだ。

SilverStoneブースで展示されていたMicro ATXケース「TJ08-PRO」。日本登場が待ち遠しいケースだ

 国内市場で大ヒットした「SSTーTJ08-E」の後継モデルということで注目を集める「TJ08-PRO」。「ハイエンドなMicro ATXケースを目指した」という製品で、肉厚のアルミ製フロントパネルがよく目立つ。

 全体サイズは、212(W)×430(D)×435(H)mm。搭載ファンは、フロントにAir Penetratorの180mm、リアに120mmを1基搭載。トップには120mm×2基または240mmサイズのラジエーターが搭載可能だ。

 また、フロントトップのI/O部には、最新モデルらしくUSB 3.1 Type-Cコネクターを2つ装備していた。なお、価格は「SSTーTJ08-E」と同じ程度を検討しているが、為替の影響もあり変化する可能性が高いとのこと。

内部の構造は一般的。フロントにAir Penetratorの180mm、リアに120mmを1基搭載する
フロントトップのI/O部には、最新モデルらしくType-CのUSB 3.1×2を装備。ファンカバーも備える

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中