このページの本文へ

Abee「EZ700」

アシストハンドルとキャスターを備えるアビーのアルミケース

2015年10月28日 22時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビーから、フロントパネルにアシストハンドルを装着したアルミ製ミドルタワーPCケース「EZ700」が発売された。ラインナップは、シルバー「SME-EZ700-SV」とブラック「SME-EZ700-BK」の2モデルだ。

フロントパネルにアシストハンドルを装着したアルミ製ミドルタワーPCケース「EZ700」。かなり珍しいデザインだが、もちろん理由がある

 「EZ700」の特徴は、何といってもフロントパネルに装着したアシストハンドルとボトム部分に備える専用キャスター。これによりハンドルを持ち上げることで、容易にPCケースの前後移動が可能で、システムを組み込んだ重量のあるPCでも、らくらく移動可能になる。

 外装がアルミ、筺体がスチールとなる本体は、サイズが214(W)×565(D)×485(H)mmで、重量は約9.3kg。ベイ数は5インチ×4、3.5インチシャドウ×7(2.5インチシャドウベイ共用)、2.5インチシャドウ×2(3.5インチシャドウベイ共用)で、拡張スロットは全7段となる。

ボトム部分のリア側に備える専用キャスター。ハンドルを持ち上げることで、容易にPCケースの前後移動が可能になる

 そのほか、冷却機構はフロント120mm×1(標準「NANO TEK FAN」)、トップ120mm/140mm×2(オプション)、リア120mm×1(標準「NANO TEK FAN」)。トップ部分に280mmサイズラジエーターが装着可能。拡張カードスペースは最長で約330mm、CPUクーラーは高さ175mmまでサポートする。

 価格は3万9796円(税抜)。ツクモパソコン本店やTSUKUMO eX.、ソフマップ秋葉原本館、ソフマップ秋葉原リユース総合館で販売中だ。

内部はハイエンド構成も可能な広々とした作り。両サイドパネルは高性能遮音シート装備した静音仕様だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社