このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 ― 第47回

アップグレード開始は7月29日から

Windows 10の「アップグレード予約」がスタート

2015年06月03日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表し、6月1日、ついに公式ブログ上で「7月29日」からアップグレード開始と公表された。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Technical Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説する。

タスクトレイのWindowsアイコンをクリックする

 Windows 7もしくは8.1の環境で、Windows 10の無料アップグレードを予約する画面がお目見えした。アップグレード開始は米国時間で7月29日から。Windows 7/8.1やWindows Phone 8.1からは1年間無料でアップグレードできる。対応機種で最新の状態に更新すると、タスクトレイのアイコンに「Windows 10を入手する」もしくは「Windows 10 is coming.」とポップアップが出る。通知をタップして、「無料アップグレードの予約」を選ぶと予約できる。

 Windows 10の発売時期は7月末と言われたが、その通りにリリースされそうで安心した。とは言え、最新ビルドを見る限り、完成版は到底間に合わない。リリースしてからいろいろとアップデートで対応していくのだろう。例えば、日本語版のコルタナは7月末には間に合わないことがわかっている。


Windows 10の紹介画面が開く。「無料アップグレードの予約」をクリックする


通知を受け取るメールアドレスを入力し、「確認の送信」を送信する


閉じるをクリックする。ちなみに、「windows.com」へのリンクを開いても、該当ページはなし。もうちょっと細部に気を配ってもらいたいところだ。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART