このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 ― 第75回

アップグレードを始める前にマイデータのバックアップや回復ドライブを作成すべし

Windows 10を「予約したユーザー」のためのアップグレード方法

2015年08月09日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10、待望のリリース日がやってきた。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。Windows Insider Programに参加していたユーザーは待ち遠しいところ。

 この連載では、多くの人が使うことになるWindows 10の新機能を紹介、解説をする。

この画面が出れば、無償アップグレードの準備が完了。「はじめに」をクリックしてアップグレードをスタートしよう

 第73回では強制的にWindows 10にアップグレードする方法を紹介したが、今回は予約したユーザーが準備ができた場合のアップグレード方法を紹介する。

 Windows 7/8.1で無償アップグレードを予約したユーザーのパソコンでは、バックグラウンドでWindows 10のインストールファイルがダウンロードされる。それが完了して準備が整うと、Windows Updateの画面に「Windows 10にアップグレード」と表示される。「はじめに」をクリックすると、アップグレードが始まる。くれぐれも、アップグレードを始める前にマイデータのバックアップや回復ドライブの作成は終わらせておくこと。

 ライセンスに同意すると、アップグレードのタイミングを指定する。「今すぐアップグレードを開始」をクリックすると、アップグレードが始まる。何度か再起動を繰り返しながら、処理が行われるのでしばらく待とう。Surface Pro 3の場合、何度か電源が落ちたので、手動で再起動した。

 起動後は初期設定を促されるが、アップグレードなのですぐに終了し、デスクトップが表示される。一通りの環境は引き継がれているので、とりあえず使い始められるはずだ。


 「同意する」をクリックする


 アップグレードの下準備が始まるので少し待つ


 「今すぐアップグレードを開始」をクリックすると、再起動されアップグレードが始まる。ノートパソコンの場合、バッテリー切れを起こさないように、ACアダプタを接続し、しばらく待とう

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART