このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第125回

LG/京セラ/富士通、3万円台の格安LTEスマホ! そのスペックと料金は?

2015年04月13日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回から本体代金が「3万円台」という格安のLTEスマホ3機種を比較していく。一括価格だと7万、8万というスマホも多いなか、その半額以下でもLTEに対応しているうえに、通信料金も主要キャリアよりずっと安価だ。そんな格安スマホの実力はどうだろう? 初回はスペック、料金、外観をチェックしていく。

SprayLUCEARROWS M01

Spray(LG)、LUCE(京セラ)、ARROWS(富士通)
実績あるメーカーから発売の格安スマホ

 今回から比較するのはワイモバイル「Spray 402LG」、mineo「LUCE KCP01K」、楽天モバイル「ARROWS M01」の3台だ。それぞれLG、京セラ、富士通とおなじみのメーカーがずらりだ。まずはそれぞれの簡単な紹介から。

●ワイモバイル「Spray 402LG」
バッテリーが2個付属し、専用チャージャーで予備バッテリーを充電できる。4.5型HD液晶採用とコンパクトで、女性向けを意識しているようだが、男性でも使いやすそう。

●mineo「LUCE KCP01K」
au MVNOとして人気のmineoが用意している端末。京セラ製のミドルレンジ機で、3万円台でも防水・防塵に加え、耐衝撃性能も持つ。さらにディスプレーの振動で通話ができる「スマートソニックレシーバー」を搭載している。

●楽天モバイル「ARROWS M01」
ドコモMVNOとして鼻息も荒い楽天モバイルが用意している富士通製端末。端末自体は、SIMフリーでの単体販売やイオンスマホでもラインナップに加えられている。防水・防塵対応で、4.5型HDの有機ELディスプレーを採用する。

 この3台の主なスペックを比較すると以下のとおりとなる。

  Spray
402LG
LUCE
KCP01K
ARROWS M01
メーカー LG Electronics 京セラ 富士通
本体サイズ 約66×128×11mm 約65×132×11.2mm 約67×138×10.9mm
重量 約143g 約139g 約153g
画面サイズ 4.5型 4.5型 4.5型
画面解像度 720×1280ドット 540×960ドット 720×1280ドット
OS Android 4.4.2 Android 4.4.4 Android 4.4.2
CPU クアッドコア 1.2GHz クアッドコア 1.2GHz クアッドコア 1.2GHz
ROM/RAM 8GB/1.5GB 8GB/1.5GB 8GB/1GB
メモリーカード microSDHC(32GB) microSDHC(32GB) microSDHC(32GB)
下り最大通信速度 110Mbps 75Mbps 150Mbps
4G対応周波数 2.5GHz(AXGP)
/2GHz/1.7GHz
/900MHz
2GHz/800MHz 2GHz/1.7GHz
/1.5GHz/800MHz
キャリアアグリゲーション × × ×
VoLTE × × ×
連続通話時間 1000分 1130分 670分
無線LAN 2.4GHz対応 2.4GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング
カメラ画素数 800万画素 800万画素 800万画素
インカメラ 30万画素 200万画素 130万画素
防水/防塵 ×/× ○/○ ○/○
ワンセグ連続視聴 × × ×
フルセグ連続視聴 × × ×
FeliCa × × ×
赤外線通信 × × ×
NFC ×
Bluetooth 4.0 4.0+LE 4.0
MHL(HDMI) × × ×
Miracast × ×
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 2100mAh 2000mAh 2500mAh
Qi × × ×
カラバリ ホワイト、ピンク、ダークネイビー ブラック ブラック、ホワイト

 本体そのものは3万円台というだけあって、正直スペックは抑えめ。たとえばCPUはクアッドコアとはいえ、クロック数は1.2GHz。メモリー/ストレージについても同様だ。

 その一方で本体がコンパクトで、4.5型ディスプレー採用という点は共通。携帯性が高く、片手操作がしやすそう。通信速度はLTE(4G)に対応しているものの、キャリアアグリケーションやVoLTEなどには非対応。このあたりは価格を考えると仕方ないところ。

 日本向け機能であるワンセグ/おサイフケータイ/赤外線通信には軒並み非対応だが、防水・防塵には国内メーカーの京セラ、富士通の2機種が対応。NFCにはSprayとARROWSが対応し、ARROWSはMiracastもサポートしている。

 ARROWS M01はバッテリー容量が2500mAhとまずまず大きく、無線LANも5GHzに対応。重量と連続通話時間に少し不安はあるが、まずはARROWS M01がリードという印象だ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART