このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Officeで始める快適Mac生活 ― 第17回

Excel のショートカットで日常業務の作業スピードをアップする

2014年07月24日 11時00分更新

文● 外村克也/松田聖司(タトラエディット)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 セルに今日の日付を入力するとき、「TODAY」関数を利用する、というのはExcelを使い慣れているユーザーにとっては基本的な技だが、じつは関数を利用せずともサクッと日付を入力できることをご存知だろうか。

 その方法とは、キーボードショートカットを利用するというもの。日付を入力したいセルを選択し[control]+[;]キーを押してみよう。すると、今日の日付が入力されるはずだ。「そのワザはWindowsでも使えるので知っていた」という方もいるかもしれない。では時刻はどうやって入力するのだろうか。

 Windowsでは[Ctrl]+[:]と、日本語キーボードならとなりの文字キーを組み合わせることで日付と時刻を連続入力できたのだが、Macでは異なる。[command]+[;]で時刻の入力ができるようになっているのだ。

Excel for Mac 2011では、セルを選択して[control]+[セミコロン]キーで日付の入力が可能
時刻を入力したいときは[control]キーは使わず、[command]+[セミコロン]キーを押す。Windowsキーとは異なる組み合わせの操作がある

 キーボードショートカットは、操作のスピードを高められる便利なものだということは、テキパキと仕事をこなす者の多くが知っている。Excelにはそうしたキーボードショートカットが多数用意されているので、覚えておくと、仕事の効率を格段に高めることができるはずだ。

覚えておくと作業効率がアップするキーボードショートカット

 キーボードショートカットには、Mac版とWindows版のOfficeで共通したものも多い。職場ではWindowsを使っているというユーザーでも、Excel for Macでほとんどの操作をカバーできるはず。しかしながら、MacとWindowsのキー配列の違いから、一部のショートカットは異なるキーボードに割り当てられていることがあるのだ。今回は、そうしたキーボードショートカットから、作業効率を上げるために特に役立つものをピックアップする。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中