このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Officeで始める快適Mac生活 ― 第4回

どんなドキュメントも手早く入力

Office for Macを、ショートカットキーでもっと快適・便利に操作する

2014年01月08日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MacのほうがOffice文書の作業効率に優れる理由

 気合いを入れて作業に取り組みたい、そんなとき目の前にはMacとタブレット……利用するアプリケーションソフトや作業量にもよるが、Macを選ぶユーザーが大半ではなかろうか。機能やパフォーマンスが同等としても、Macのほうが作業が捗るからだ。

 Macのほうが捗る最大の理由は、言うまでもなくキーボードとマウスの高い操作性により、そもそも生産性が高い点にある。とりわけOffice文書にかぎっては、Macのほうが断然有利だ。しかも「ショートカットキー」が種類/機能ともに充実しているため、生産性の差は大きくなる。

 Officeは、「ショートカットキーの宝庫」と言ってもいいアプリケーションだ。コピー、ペースト、新規ファイルの作成や保存といった基本的なショートカットキーはOSX標準のものと同じで、操作の統一性/一貫性が保たれているが、文字の装飾など細々とした機能にまでショートカットキーが用意されている。主要なものはメニューバーの右横に表示されるが、選択中の文字を斜体や太字にするといった書式設定関連のショートカットキーは表示されないため、存在を知らないユーザーは多いかもしれない。

 この書式設定関連のショートカットキーに習熟していることは、手をあちこちに移動しなくてすむ分、Officeにおける作業効率に大きく影響する。どちらかといえばスピード重視の、大量の文書を扱うユーザー向けの機能だが、ショートカットキーが癖のようになれば儲けもの。1ランク上の「Officeの使い手」になること請け合いだ。

メニューバーに主要なショートカットキーは記載されているが、すべてのショートカットキーが記載されているわけではない
すべての英字を大文字に変換するといった作業もショートカットキーを使えば一瞬で完了する

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中